初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

シルバーライフ【9262】

  • シルバーライフが10月25日東証マザーズ上場
  • 高齢者向け配食サービスFC店舗数で首位
上場市場 マザーズ
予想価格 2,400円
上場日 2017年10月25日
シルバーライフ(9262)のサムネイル
初値期待度 4
上場後株価期待度 4
上場時話題性 3
事業成長性 4
事業収益力 3

シルバーライフが10月25日東証マザーズ上場/高齢者向け配食サービスFC店舗数で首位

シルバーライフ(9262)が10月25日に東証マザーズに新規上場する。同社は、高齢者向け配食サービスのフランチャイズ(FC)本部の運営、FC加盟店への調理済み食材の販売を展開している。高齢者向け配食サービスの「まごころ弁当」「配食のふれ愛」、高齢者施設向け食材配送サービスの「まごころ食材サービス」をそれぞれのサービスブランドでFC]に提供。「まごころ食材サービス」については、障害者施設向けに調理済み食材も提供している。

FC加盟店向けでは、配食スケジュールに合わせてコメを炊飯して、シルバーライフから仕入れた食材をテンポで弁当容器に盛り付けて、利用者の自宅に直接配送、代金を回収するシステム。シルバーライフはFC加盟店から食材代金とロイヤリティを回収しいる。シルバーライフは現状でEC展開に特化し、直営店は展開していない。2017年7月末現在で「まごころ弁当」367店舗、「配食のふれ愛」196店舗の合計563店舗を展開している。高齢者向け配食サービスFC店舗数で業界1位となっている。

一方の柱である施設向けでは、老人ホーム、通所介護施設などに近隣のEC加盟店と一緒に配送している。食材加工の拠点は群馬県に自社の関東工場を所有し、仕入れ先向上も活用する。

この結果、販売ルート別でみた売り上げ構成比は、EC加盟店向けが82%、高齢者施設向け11%、このほかOEM6%(2016年7月期実績)となっている。

上場に伴って得た調達資金は、冷凍冷蔵倉庫兼物流センター、社員寮、第2食品製造工場の建設資金に充当する計画だ。なお、社長の清水貴久氏は警視庁、ベンチャー・リンク等を経て2009年に同社に入社している。第2位大株主の近江屋は清水社長の資産管理会社だ。

シルバーライフ(9262)の基本情報

企業名 株式会社シルバーライフ
会社URL https://www.silver-life.co.jp
証券コード・市場 マザーズ (9262)
上場予定日 2017年10月25日
業種 小売業
事業内容
本社所在地 東京都新宿区西新宿四丁目32番4号
社長 清水貴久
設立年月 2007年10月10日
決算期 7月末
上場前資本金 Array

初値予想

想定価格 2,400円
仮条件 2,300円〜 2,500円
公開価格(10月17日決定) 0円
初値予想 4,200円

初値予想と上場後の見込み

想定価格2400円に対し、仮条件は2300円から2500円と上下に約1%乖離する無難な設定となりました。市場からの資金吸収額は最大で18.2億円と、マザーズ案件としては中規模となります。また、資金吸収額で約13.3億円のテンポイノベーション(3484)と同時上場となります。事業展開的にも、やや地味なイメージも考慮すると穏健な初値スタートが予想されます。

ただ、最も事業的に近いファンデリー(3137)が10月6日終値1494円でPER21倍の水準です。シルバーライフの仮条件価格上限のPERは15倍で、公開価格が上限で決定しても割安感があります。PER21倍に買われた場合の株価は3360円。これに上場時のブレミアが上乗せされた初値となりそうです。上場後は、会社側のIR姿勢次第ですが、緩やかな右肩上がりのパフォーマンスが期待できそうです。

IPOスケジュール

抽選申込(BB)期間 2017-10-10〜 2017-10-16
当選発表(公開価格決定)日 2017-10-17
購入申込期間 2017-10-18〜 2017-10-23

IPO当選株数
※単位は株

公募株数 500,000
売出株数(OAを含む) 247,500
当選株合計 747,500

おすすめのネット証券

主幹事のみずほ証券に全体の割当株数の90%が集中しています。マザーズの中堅規模の案件にしては、野村、大和、三菱UFJも幹事団に入っていない分、中堅証券に幹事が広がっています。オンラインでは、SBI,岩井コスモ、丸三の他、岡三の委託で岡三オンラインが利用できます。複数証券からの申込みで、抽選で当たるチャンスがそこそこある案件です。

ロックアップは大株主上位2名にしかかかっていませんが、これで全体の90%はカバーされています。また、上場前株主にベンチャーキャピタルは存在しないことは需給的にプラス材料です。

初値妙味も中期投資魅力もあり

2015年6月に公開価格765円に対して約2倍の初値1546円となった生活習慣病患者向け健康食配送のファンデリーは、その後は株価500円台まで急落します。ここまで無配で株式分割も優待も実施していません。しかし、今年に入り株価は1959円と上場来高値を更新しています。

シルバーライフは初値が当選しなくても、上場後に買い場を間違えなければ中長期投資で望める銘柄です。業界トップというフレーズを持つ企業は株価にもプレミアが付きやすくなり、もちろん、初値妙味もあります。