株の教科書.com

0

サラリーマンにオススメ!?PTS取引が便利な理由

サラリーマンにオススメ!?PTS取引が便利な理由

株の知識レベル:

東京証券取引所がオープンしているのは、午前9時から午後15時までです。市場で株式取引をしようとすると、基本的にはこの時間しか株式取引はできません。株式取引においては、サラリーマンにとってはさまざまな障壁があることも事実です。その時間的な制約を解決してくれるのがPTS取引です。その他にも、さまざまなメリットもあります。ここからは、PTS取引の基礎知識について確認していきましょう。

取引所金融商品市場外取引(PTS取引)で夜間のリアルタイム取引が可能に

取引所金融商品市場外取引(PTS取引)とは、証券会社の私設取引システムのことを意味します。PTSにおける最大のメリットは、証券取引所の時間外でもリアルタイムの株売買をすることができることです。時間外でありながら、値動きがある中で取引をすることができるのです。もちろん夜間の取引をすることもできます。東京証券取引所がクローズしている時間帯や、証券会社のオープン前にも取引をすることができるので、PTSはサラリーマンにとって非常に有効に機能します。

PTSを利用することで取引所の値段よりも有利に売買できるケースがある

ある程度投資に割く時間がある方には、PTSと取引所の株価を比較しながら取引をすることをおすすめします。PTSにおけるデイタイムセッションでは、東京証券取引所のオープン前から、クローズ後まで株の取引をすることができます。つまり、PTSと証券取引所のオープン時間が重なる部分があるのです。PTSと取引所では板の状況が異なるため、市場で取引をするよりも、PTSの方が安く買えるケースがあるのです。このような状況では、PTS買いの市場売却と言った取引も可能になります。投資をするときのロットにもよりますが、日計りでトレードできる点もPTSのメリットと言えるでしょう。

デイタイムセッションを利用しリスク軽減を図る

デイタイムセッションを利用しリスク軽減を図る

デイタイムセッションが持つメリットは、寄り付き前や大引け直後にも取引できることです。日本の株価は米国市場の影響を強く受けることは、みなさんもご存じの通りです。前日のニューヨーク市場の動向を知った上で投資判断ができることは、デイタイムセッションにおける非常に大きなメリットと言えるでしょう。実際に、ニューヨーク市場は各種統計や中央銀行による金融政策の変更等にビビッドに反応します。デイタイムセッションを利用すれば、統計発表後の反応を見た上でマーケットにエントリーできるのでリスク軽減効果も実現できます。投資初心者であれば積極的に利用したいシステムと言えるでしょう。

ナイトタイムセッションで欧米市場の動きに臨機応変に対応

ナイトタイムセッションとはその名の通り、夜間取引のことを言います。基本的には、17時から24時頃まで取引が可能です。よって、欧米市場の動向をリアルタイムに確認しながら取引することができるのです。ナイトタイムセッションを利用することで、より機動的な投資判断が可能になります。また、サラリーマンの方にとっても非常におすすめの取引手法です。サラリーマンであれば日中の取引は不可能でしょう。時間がない方、かつ、リアルタイムの取引を行い方はナイトタイムセッションを利用することになるでしょう。

決算発表後の取引にPTSを活用する

ここからはPTS利用時のテクニックについてお伝えしたいと思います。株価を決定する一番のファクターは企業業績です。企業業績をオフィシャルに確認できる場といえば決算です。よって、株価は決算発表後に非常に大きな値動きをする傾向にあるのです。米国企業ほどではありませんが、日本企業もその傾向は強いと言えます。日本における決算発表は引け後に行われることが多いと言えます。PTSを利用すれば、決算発表を確認してすぐに売買をすることが出来ます。仮に、ザラ場中に市場で買いに行くと、高値づかみや安値売却の可能性が高まります。このような状況を避けるために、PTSを利用することもできるのです。

極力リスクを抑え投資効率を上げたいならPTS

リスク回避や投資効率を上げたい場合には、PTSを利用することをおすすめします。特に、決算関連銘柄は、機動的な投資判断が必要です。例えば、マーケットから嫌気されるような決算が発表された場合には、早めの損切りが必要です。このようなケースでは、翌日の寄り付きで売るより、決算発表直後にPTSで売った方が損失を軽減できる可能性が高いと言えるでしょう。

現在国内で提供しているのはSBI証券のみ

このように魅力的なPTS取引ですが、さまざまな理由により国内証券会社で提供しているのはSBI証券のみに限られています。PTS取引を検討するのであれば、現状SBI証券以外の選択肢がないのは大きなデメリットです。

まとめ

PTSは利益獲得のための使い方はもちろん、損失軽減のリスクヘッジとして機能させることもできます。特に、値動きの荒い銘柄を保有したときには、場中以外の値動き確認も重要です。自身の投資方針にあった利用を行い、投資効率を上げられるよう心がけましょう。

札幌で働く元証券マンのファイナンシャルプランナー。専門分野は株や投資信託を用いた中長期での資産形成。
趣味はスポーツ全般で小、中、高と野球部に所属。また、米国への留学経験があり、海外スタートアップ事情にも精通。
総合評価
(0)
Pocket