株の教科書.com

今日の前場銘柄ハイライト【2017年7月14日】

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

東天紅(8181)

東証1部
一時249円+26円

パンダ関連として注目される本格中料理店の東天紅(8181)が6日続伸。13日大引け後に今2月期第1四半期(3-5月)を発表。売上高は前年同期比4.1%増、営業利益は同9倍強の6700万円、経常利益は同16倍強の6600万円と大きく改善したことを好感。顧客名簿と予約受注の一元管理システムを導入するなど作業の効率化を推進。主力の「上野店」は婚礼部門の販促を強化し、新規来客、成約数が増加と婚礼売り上げが大幅に増加したことが寄与。なお、第2四半期営業損益9000万円の赤字、通期1億3000万円予想は据え置いた。

ノダ(7879)

東証2部
一時1177円+150円

ノダ(7879)が一段高で1週間ぶりに年初来高値を更新した。13日大引け後に今11月期第2四半期連結業績を増額修正したことが手掛かり。売上高は予想比2億9000万円の上乗せ。営業利益は17億3000万円から22億2000万円に、経常利益は18億円から22億7000万円に上方修正。生産、販売する国産針葉樹合板は、業界全体の製品在庫の低水準が継続し、懸念していた販売価格の下落がなく、緩やかな値上げ傾向で安定した相場が続いたことが寄与。通期予想は算定中でまとまり次第開示の方針。通期の減収減益予想が一転、増収増益に転じる可能性が高い。同社は昨年来、業績好調の増額修正が続いている。

ハーモニック・ドライブ・システムズ(6324)

ジャスダック
一時4285円+185円

ハーモニック・ドライブ・システムズ(6324)が続伸し、6月5日野年初来高値4205円を更新した。13日大引け後に今3月期第1四半期(4-6月)の「受注高・売上高実績(単体)」を発表したことが手掛かり。受注高は前年同期比2.78倍の179億8500万円、売上高は同28.9%増の83億5200万円に拡大し、ともに四半期ベースで過去最高額を更新した。受注高では、産業用ロボット向けが大幅に増加したほか、半導体製造装置、フラットパネルディスプレー製造装置などが増加しているという。輸出も中国、北米、欧州向けが増加基調。ハーモニック・ドライブ・システムズはジャスダックで日本マクドナルド(2702)に次ぐ時価総額第2位の銘柄。

株式投資に関する情報サイトです。コラム、企業発表、東証有望銘柄、株のきほん、株価チャート入門、株価材料、株式市場の話題、株式週間展望、相場格言などの情報を掲載しています。
総合評価
(0)
Pocket