株の教科書.com

株価はローソク足で示される

 前回の「その1 チャートの基礎を知ろう 」では、株式投資で成功するためのシンプルな法則「安いときに買い、高い時に売る」を実現する手段としての株価チャートを紹介しました。

今回はさらに一歩進めて株価チャートの一つ「ローソク足(あし)チャート」を紹介します。株価チャート、すなわち株価を用いて作成した図表のことですが、日本では「株価チャート=ローソク足チャート」で扱われることがほとんど。その構成要素であるローソク足の基本をしっかりマスターしておきましょう。

ローソク足で相場のエネルギーを図る

ローソク足チャートは、「陽線(ようせん)」や「陰線(いんせん)」といったローソク足の組み合わせでが作られます。それぞれの意味を覚えておきましょう。

見方はとても単純。ローソク足は、胴体にあたる部分(実体)と、その上下についた線(ヒゲ)で表されています。実体をもとに「陽線」と「陰線」を区別し、陽線は終値(おわりね:最後に売買が成立した値段)が、始値(はじめね:最初に売買が成立した値段)を上回った場合です。株価チャート上、上昇基調にあるときは「陽線」が多くなります。逆に陰線は、終値が始値に比べて安く、基調として弱い場合に多く出現します。両者を区別するため、実体部分を白と黒、赤と青などで塗り分けて表示されるのが普通です。

また、実体の上下についた線部分は「ヒゲ」と呼ばれ、上についているものを「上ヒゲ」、下にあるものを「下ヒゲ」と呼び、その期間の高値、安値を示しています。長い上ヒゲは「一度大きく上昇したが、勢いは続かなかった」、長い下ヒゲは「一度大きく下げたが、その後は買いが優勢になった」ことを表しています。

なお、高値と安値が同じだったときは、上辺と下辺がくっついた横一文字の線になります。売り手と買い手の勢力が拮抗していて、結局、株価が元の状態に戻ったことになります。

つまり、ローソク足を1本見るだけでも、株価の上昇エネルギーが強まっているか、弱まっているかがひとめで判断できるのです。

ローソク足と出来高の見方・ローソクの種類

出来高は人気のバロメーター

さらに、取引された株式の数を示す「出来高」を見ると、その銘柄に対する市場の関心(投資家の人気)の度合いがわかります。出来高は、通常、ローソク足チャートの下に棒グラフで表示されています。

出来高が増える、すなわち売買が活発になってきたら、それは相場が新たなトレンドを迎える前兆。それまで見向きもされなかった銘柄が見直され、上昇トレンドに入る時期は、出来高をともなって株価が急騰する現象がよく見られます。

おわりに

日本で開発されたとされる「ローソク足」、それを複数並べたのが「ローソク足チャート」。チャートによって大きな流れを確認するとともに、ポイント、ポイントで「ローソク足」にも注意を払うとようにしましょう。

日本で最も歴史のある証券・金融の総合専門全国紙です。「株式市況」をはじめ「企業ニュース」、「投資信託」「外国為替」「商品先物」など、幅広い投資情報をカバーしています。そのため、個人投資家、機関投資家のほか、全国の証券会社とその支店、全国の取引所と証券各諸団体、上場企業に幅広く愛読されています。
Pocket

0

株価はローソク足で示されるの口コミ・評判

▼口コミを投稿する

口コミ投稿に関するガイドライン