株の教科書.com

今日の前場銘柄ハイライト【2017年7月5日】

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

イノテック(9880)

東証1部
一時694円+41円

半導体設計ツールを手掛けるイノテック(9880)が4日ぶりに急反発した。4日大引け後に、世界初の全自動衣類折りたたみ機「ランドロイド」の開発で話題のベンチャー企業セブンドリーマーズ(東京都港区)への資本参加を発表したことが材料となった。イノテックは資本参加により、セブンドリーマーズの製品・サービス開発を支援する。なお、出資額等の詳細は開示されていない。セブンドリーマーズは、完全オーダーメード・カーボン・ゴルフシャフト、鼻腔(びこう)挿入デバイスなども手掛け資本金は77億円(準備金を含む)、世の中にないモノを創り出す技術集団を掲げている。

オンコリスバイオファーマ(4588)

マザーズ
一時873円+68円

オンコリスバイオファーマ(4588)が急反発。4日大引け後にがんの体外検査薬として開発中の「OBP-1101」(テロメスキャンF35)に関する米国特許の取得を発表したことが手掛かり。「OBP-1101」をカバーする複数の特許を既に保有しているが、今回の特許登録によって、米国における特許保護期間が、最長で2032年2月まで延長される。

暁飯島工業(1997)

ジャスダック
1393円+300円

4日大引け後に今8月期第3四半期決算を発表。前年同期比2・87%増収、26・8%経常増益で通期業績を増額修正したことを好感。売上高83億円(前期比6・2%増)は据え置きで、経常利益は6億円から7億6000万円(同11・5%増)に引き上げ、減益予想から一転して増益に。期初は慎重な予測をしていたが、原価管理の徹底等で工事利益率が計画を上回る見込みとなったことが増額修正の要因。茨城地盤で2019年9月の茨城国体、水戸市新庁舎関連の大型受注にも恵まれている。

株式投資に関する情報サイトです。コラム、企業発表、東証有望銘柄、株のきほん、株価チャート入門、株価材料、株式市場の話題、株式週間展望、相場格言などの情報を掲載しています。
総合評価
(0)
Pocket