株の教科書.com

NYダウ4日ぶり反発【2017年1月4日】

年明け3日のNYダウは4営業日ぶりに反発し、119ドル高の19,881ドル。12月ISM製造業景況感指数が2年ぶりに高水準となったことに加え、トランプ次期米大統領による経済政策効果が期待材料となった。経済指標の好転を受け、一時1ドル118円台半ばまでドル高・円安が進行。シカゴ日経平均先物は19,320円と、大納会の大証比230円高となったため、年明けの相場は堅調な始まりとなりそうだ。なかで、米アップルの減産報道は懸念材料で、電子部品の一角が悪影響を受ける可能性がある。

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

東証寄り付き

全面高で日経平均は高寄り後も上昇

寄り付きの日経平均は184円高の19,298円と4営業日ぶり反発し、寄り後も250円高超に上げ幅を拡大している。米国株高が好感され全面高スタートとなり、三菱UFJFG(8306)や東京海上(8766)、野村HD(8604)などの金融セクターの上昇が目立つ。鉄鋼株や海運株、自動車株なども上昇率上位となっている。一方、東芝(6502)は反落し、任天堂(7974)が小幅安。アップルの減産報道を受けてアルプス電気(6770)が下落している。

東証10時

日経平均は334円高と上げ幅拡大 金融株をはじめ全面高に

前年に見られた「年初下落」に対する警戒感が薄れたため買いが入り、日経平均は上げ幅を拡大、334円高の19,449円となっている。引き続き全面高で、SOMPO(8630)などの保険株と三菱UFJFG(8306)を始めとした銀行株が高く、トヨタ(7203)や富士重工(7270)といった自動車株も買われ、海運株も上昇。ルネサスエレクトロニクス(6723)は完全自動運転車を試作したと3日に報じられ、大幅高となっている。寄り付きで反落した東芝(6502)がプラス圏に切り返し、SMC(6273)や東京電力(9501)は上げ幅を拡大している。一方、半導体製造装置株のSCREEN(7735)とアドバンテスト(6857)は反落。マザーズ指数、ジャスダック平均も上昇している。

東証前引け

日経平均4日ぶり急反発 415円上昇の全面高

日経平均 前日比415.31円高の19,529.68円

TOPIX  前日比33.93ポイント高の1,552.54ポイント

前引けの日経平均は415円高の19,529円と4営業日ぶりに急反発。米国株高と円安を受け高寄りした後、円安進行とともに上げ幅を拡大した。全面高となり、特に米国の金融株高を引き継ぎ、証券株や銀行株、保険株が高く、円安が好感されトヨタ(7203)など自動車株も買われ、海運株の上昇も目立った。太平洋セメント(5233)や王子HD(3861)、JFE(5411)など素材産業も物色された。タカタ(7312)は3日連続ストップ高。一方、任天堂(7974)とアルプス電気(6770)は反落。ジャスダック平均とマザーズ指数は続伸。東証2部ではシャープ(6753)が28円高の298円まで急伸した。

日本で最も歴史のある証券・金融の総合専門全国紙です。「株式市況」をはじめ「企業ニュース」、「投資信託」「外国為替」「商品先物」など、幅広い投資情報をカバーしています。そのため、個人投資家、機関投資家のほか、全国の証券会社とその支店、全国の取引所と証券各諸団体、上場企業に幅広く愛読されています。
総合評価
(0)
Pocket