株の教科書.com

思い出とともに。大宮中央デパート建て替えへ

埼玉県さいたま市大宮区のショッピングセンター「大宮中央デパート」が6月25日に閉館した。

大宮駅東口の複合商業ビル

大宮中央デパートは1966年12月に開店。現在大宮駅東口の顔となっている髙島屋大宮店が出店する4年前のことであった。
建物は地上6階、地下1階建てで、売場面積は5,525㎡。大宮中央ビル商店街協同組合が運営・所有し、「デパート」と銘打っているものの、地元企業を中心に様々なテナントが出店する複合商業施設として運営されてきた。かつては大宮の特産である盆栽店もあったという。
近年はスポーツ用品店「フタバスポーツ」、紳士服店「サカゼン」を核に、パチンコ店や飲食店などが出店していたほか、屋上にはフットサルコートが設置されていた。

(後略)

引用:大宮中央デパート、6月25日閉店-再開発で18階建て複合ビルに | 都市商業研究所

株式投資に関する情報サイトです。コラム、企業発表、東証有望銘柄、株のきほん、株価チャート入門、株価材料、株式市場の話題、株式週間展望、相場格言などの情報を掲載しています。
総合評価
(0)
Pocket