株の教科書.com

追証とはどういったもの?

追証とはどういったもの?

株の知識レベル:

信用取引では、株式や投資信託、債券等を担保に株を借りて取引するため、担保も日々のマーケットの変動によって増減するのです。信用取引では、あらかじめ担保率が定められています。仮に、そのパーセンテージを下回ってしまった場合には、定められた期日までに追加保証料を納める必要があります。これが俗に言う、追証です。今回は信用取引の必須の基礎知識である追証を見てみましょう。

追証が発生するのは信用取引時だけ

追証を知る前に、信用取引の仕組みを知る必要があります。信用取引と追証は、切っても切り離せない関係と言えます。信用取引をすることで、自身の資金余力以上の取引が可能になります。より具体的に見ると、委託保証金の約三倍まで株式の買付できるのが特徴です。仮に委託保証金が100万円だとしたら、300万円まで買付ができることとなります。自身の余力以上の取引できるため、その損失額も大きくなることが想定されます。その点には、取引時に注意する必要があります。

信用取引の基礎知識。追証以外に掛かるコストも確認

信用取引の基礎知識。追証以外に掛かるコストも確認

追証は委託保証金の減少にともない、担保率が維持できなくなったときに支払う追加の保証金のことです。信用取引には追証以外にも掛かるコストが複数存在するので、今のうちに合わせて確認しておきましょう。逆日歩も信用取引で掛かるコストの代表例です。信用取引では、買い建ても出来れば売り建てもできます。信用売りをするときには、投資家は証券会社から株を借ります。その後、売り注文を入れます。安くなったところで買い戻すことで、差額を利益として獲得することができるのです。この株を借りたときに掛かるコストが逆日歩です。これから下落するであろう銘柄には、投資家からの貸株依頼が殺到します。よって、証券会社は株の在庫が少なくなってしまう訳です。証券会社の在庫が不足したときに掛かるコストが逆日歩です。信用取引の基礎知識として、追証と合わせて覚えておきましょう。

建玉を決済することで追証を支払うこともできる

一般的に、委託保証金は信用取引での取引額の30%が目安とされ、この水準を下回ったときに追証を支払う義務が発生する訳です。追証の支払い方法は、大きく分けて二種類あります。一つ目は、追証金額を現金で支払う方法です。二つ目は、建玉を決済して支払う方法です。追証は、必ずしも現金で支払わないかと言えば、その限りではありません。この点も、基礎知識として覚えておきましょう。

委託保証金は現金の納入がおすすめ

委託保証金は現金の納入がおすすめ

追証は必ずしも現金で支払う必要はありませんが、委託保証金は現金で納めることをおすすめします。やはり、保証金として有価証券を担保にしてしまうと、価格変動リスクにさらされます。思いもよらぬ形で株価が暴落することも少なくありません。仮に、代用有価証券と信用取引銘柄の両方で含み損を抱えてしまうと、委託保証金は大きく下落します。保証金を全額現金納入した場合には、保証金の目減りは信用銘柄の含み損だけに抑えることができます。損失リスクを軽減するためにも、委託保証金は現金で納入するよう心がけましょう。

ギリギリの取引をしないよう意識する

限度枠の上限に近い水準で取引をすればするほど、追証リスクは高まります。少額の含み損でも追証の支払いに追われる可能性がある訳です。取引の自由度を確保するためにも、上限付近で取引をすることは避ける必要があります。また、委託保証金を多めに入れておくことは、追証リスクを回避する上で鉄則です。とにかく信用取引をするときは、欲を出しすぎずに余裕を持った取引をすることが鉄則です。

逆指値を利用し損失リスクを回避する

逆指値とは、その名の通り指値とは真逆の取引手法です。指値では、安値圏で買い注文を入れるのに対し、逆指値では、売り注文を入れる訳です。つまり、逆指値を入れることで損失を最小化することができるのです。自らロスカットを入れることで、未然に追証リスクを防止することもできます。基本的に損失を確定させる取引になるので、抵抗がある方もいるかもしれませんが、信用取引においては早めのロスカットが鉄則です。特に、株価を注視する時間がない方は積極的に利用することをおすすめします。

まとめ

信用取引をするときには、常に追証発生リスクと向かい合わなければなりません。しかし、取引の内容によって、追証の発生は未然に防止することができます。上述した、委託保証金の現金納入や逆指値の利用は投資初心者のみならず、信用取引をしている方であれば、必ず意識する必要がある重要項目です。信用取引では、リスク軽減の自助努力を怠らないように心がけましょう。

札幌で働く元証券マンのファイナンシャルプランナー。専門分野は株や投資信託を用いた中長期での資産形成。
趣味はスポーツ全般で小、中、高と野球部に所属。また、米国への留学経験があり、海外スタートアップ事情にも精通。
総合評価
(0)
Pocket