株の教科書.com

他の投資方法とCFDとの違い

他の投資方法とCFDとの違い

株の知識レベル:

金融商品へ投資を行いたいけど、種銭がない。なかには、そのような方もいらっしゃるのではないでしょうか。CFDを利用することで、少額から世界の金融商品に投資をすることが可能になります。CFDを利用することで、レバレッジを効かせた取引を行えるようになる訳です。投資初心者にはあまりなじみのないワードかもしれません。ここからはCFDにまつわる基礎知識、その他の投資方法との相違点をみなさんとシェアできればと思います。

CFDは世界中、かつ、幅広い金融商品への投資を可能にする

そもそもCFDとは何なのでしょうか。結論から言うと、差金決済取引(CFD)とは、有価証券の受け渡しを行わずに、売買損益に係る金銭授受をする取引のことを言います。具体的には、外国為替証拠金取引(FX)をイメージすれば、非常に理解しやすいと思います。仕組みはFX取引とほぼ一緒でありながら、その投資対象は多岐にわたります。株はもちろん、株価指数も投資対象になります。その他、金等のコモディティ、さらには債券までその取引範囲は多岐にわたります。証券会社によって取扱銘柄の総数は異なりますが、10,000を超える銘柄の取り扱いがある企業も存在します。レバレッジを効かせることで、これらの商品に少額から投資できる訳です。

手数料無料、かつ、昼夜問わず取引が行える点もメリット

手数料無料、かつ、昼夜問わず取引が行える点もメリット

サラリーマン投資家の方も多いでしょう。あるいは、子育てをしながら金融商品の取引をする主婦の方もいらっしゃるかもしれません。東京証券取引所は午後の3時に大引けを迎えます。基本的には、そこで現物の売買取引が打ち切られる訳です。しかし、CFD取引であればその限りではなく、国内のマーケットがクローズした後でも取引をすることができます。また、差金決済取引ですから、FX同様、売買ごとの手数料は掛かりません。好きなタイミングで、何度でも取引を行える点がCFDのメリットと言えるでしょう。

相場の下落局面でも利益獲得機会を得られる

CFDは相場の下落局面でも収益機会を得ることができます。この点は、現物株取引との大きな違いと言えるでしょう。現物株では、今後の上昇が期待される銘柄を買い付けることで収益機会を獲得します。それは、CFD取引でも同様です。一方で、CFD取引では、相場が下落トレンドに突入すると思うタイミングで、売り注文を入れます。その後、株価が安くなったタイミングで株を買い戻すことで、差額を利益として獲得できます。上昇局面のみならず、下落局面でも収益獲得のチャンスを得られることで、より戦略性を持った投資をすることができるのも、CFDの強みと言えるでしょう。

新興市場への投資には適さない点はデメリット

新興市場への投資には適さない点はデメリット

ここまでは、CFDのメリットを中心に見てきましたが、もちろんデメリットも存在します。CFDを利用して株に投資するときには、東京証券取引所に上場している銘柄に限られます。よって、新興市場に上場している銘柄の投資には適さないと言えるのです。日本株CFDをするときには、現物株よりも選択の幅が狭まる点はデメリットと言えるでしょう。

CFDは短期投資家向きの取引システム

CFDは上述したように、レバレッジを有効活用して積極的に利益を獲得しに行く投資手法です。株の長期投資をするときには、現物に投資することが無難と言えるでしょう。例えば、CFDで長期投資をするときには、オーバーナイト金利の支払いを行わなくてはなりません。オーバーナイト金利とは、その名の通り翌営業日にポジションを持ち越したときに発生する金利調整額です。CFDでは長期保有にともない、余分なコストが発生する可能性があります。よって、長期投資では現物株に投資する方が無難。CFDでの長期投資はあらかじめ避けるようにしましょう。

CFDで株主優待は獲得出来ないが配当を得る権利は与えられる

投資家の中には、株主優待や配当狙いのインカムを重視した取引をする方も多いと思います。結論から言うと、CFDでは株主優待を獲得する権利は得られません。また、株主総会へ出席する権利等もありません。少額、かつ、レバレッジを掛けた取引である分、現物株に比べてステークホルダーとしての権限が若干薄まります。この点も現物株にはないデメリットと言えるでしょう。一方で、配当相当額は獲得することができます。

まとめ

CFDは株の取引と似ているようで異なる点が多数存在します。少額から投資を始められる点は大きなメリットと言えますが、レバレッジを効かせているため、万が一のときの損失リスクも高まります。一方で、売りポジションを持つことで、使い方次第ではリスクヘッジの方法として機能させることができます。利益獲得一辺倒の投資スタンスで臨むと、思わぬ落とし穴にはまってしまうこともあります。CFDを利用するときは常に、リスクとリターンのバランスを意識しながら投資判断をするよう心がけてください。

札幌で働く元証券マンのファイナンシャルプランナー。専門分野は株や投資信託を用いた中長期での資産形成。
趣味はスポーツ全般で小、中、高と野球部に所属。また、米国への留学経験があり、海外スタートアップ事情にも精通。
総合評価
(0)
Pocket