株の教科書.com

0

リスクヘッジとして活用できるCFD

リスクヘッジとして活用できるCFD

株の知識レベル:

売りポジションを作ることができるCFD取引にはさまざまな売買テクニックが存在します。レバレッジを掛けて積極的に利益を獲得しに行くことばかりに目がいきがちですが、相場の下落局面でリスクヘッジとして活用することができるのです。CFD取引におけるメリットは、売り方からも収益機会を創出できる点にあります。ここからは、CFDにおける具体的なリスクヘッジとしての活用法を、具体例を交えながら確認して行ければと思います。

CFDのメリットは売り方に多く含まれている

CFD取引において買い方と売り方を比べたときに、メリットが大きいのは売り方と言えるでしょう。例えば、株式CFDや株価指数CFD等で売りポジションを持った場合には、オーバーナイト金利を受け取ることができます。こちらは、収益獲得の観点から見たメリットと言えます。また、相場の下落局面で売りポジションを持つことでリスクヘッジが期待できます。CFD取引は売りから入ることで、収益機会獲得の観点、戦略的にリスクを回避する観点の両面から恩恵を享受できるのです。

インカム狙いの投資のリスクヘッジに最適

インカム狙いの投資のリスクヘッジに最適

マーケットがアゲンスト(追い風)になったことにともない、自身が保有する株も連れ安してしまうことが多々あると思います。その銘柄を株主優待や配当をメインに考えた、インカム重視の銘柄として保有していた場合には、いくら株価が下落しても売却することは避けたいでしょう。一方で、現物株をそのまま持ち続けてしまうと損失は膨らむ一方です。このような場合には、CFDを売り建てることでリスクヘッジが期待できます。下落局面時には、現物保有分の株価の含み損は大きくなる一方です。逆に、CFDを売り建てておけば、その下落分はプラスに寄与します。よって、CFDを売り建てることで、損失を相殺できるのです。CFDの売りは、インカム狙いの投資のリスクヘッジに最適の投資法と言えるのです。

権利落ち狙いの投資にも適している

CFD取引は、売り方から取引できるため、権利落ち後の株価下落を狙った株取引もできます。株主優待や配当を狙った投資を行ったことがある方はおわかりだと思いますが、権利が確定した後の銘柄は、株価が下落傾向にあります。つまり、このタイミングでCFD取引の売り建てを利用すれば、収益機会を創出することができるのです。現物取引では従来通り株主優待と配当を獲得して、CFDでは相場下落による利益を得る。よって、権利落ち後のCFDの売り取引は、投資家にとっては二重に恩恵を受けられる非常においしい取引と言えるのです。

CFD取引には決済期間の定めがない

CFD取引には決済期間の定めがないことも、大きな特徴の一つと言えるでしょう。例えば、株式の信用取引では基本的に6カ月間の間に反対売買をして、ポジション調整をする必要があります。つまり、マーケットが想定内の値動きをし、大きな含み損を抱えてしまった場合にも、ポジション調整を行わなければならないのです。CFD取引においては、売買期間、決済期間の定めがありません。よって、信用取引に比べ、決済期間に起因する損失発生リスクを軽減した取引が可能になります。

CFD取引時のときにはリスクコントロールが重要

CFD取引は、売り買いどちらからも建玉を持てる点で、さまざまな取引が可能になります。相場下落時のリスクヘッジとして活用することも可能ですが、CFD取引に頼りすぎたポートフォリオを組んではいけません。基本的にCFD取引は、レバレッジを掛けて売買をするハイリスク・ハイリターンの投資手法です。よって、CFD取引のマーケット変動リスクや損失拡大リスクについては、自分自身でしっかりとリスクヘッジをする必要があるのです。CFD取引の利便性にばかりに目がくらんで、リスクコントロールを忘れないように心がける必要があります。

レバレッジを掛けすぎない

レバレッジを掛けすぎない

CFD取引においては、レバレッジを掛けすぎないことが基本です。レバレッジを掛けて、少額から取引できる点はCFD取引における大きなメリットと言えます。しかし、過度にレバレッジを掛けてしまうと、思わぬ落とし穴にハマってしまうケースもあります。過度にレバレッジを掛けすぎないことがポイントです。CFD取引の利用時おける損失軽減策については、自身でしっかりリスクヘッジをする必要があるのです。

まとめ

CFD取引は相場の下落局面で、投資家に大きなメリットをもたらしてくれます。特に、インカム狙いの投資を行っている個人には、積極的に上述した取引手法を使うことをおすすめします。一方で、CFD取引の利便性ばかりに気を取られてもいけません。CFD利用時における損失発生リスクは、投資家自身でしっかり管理しなければいけないのです。

札幌で働く元証券マンのファイナンシャルプランナー。専門分野は株や投資信託を用いた中長期での資産形成。
趣味はスポーツ全般で小、中、高と野球部に所属。また、米国への留学経験があり、海外スタートアップ事情にも精通。
総合評価
(0)
Pocket