株の教科書.com

経営もリコール。タカタ、民事再生法適用へ

欠陥エアバッグの大規模リコール問題で経営が悪化しているタカタ(7312.T)が、早ければ来週にも民事再生法の適用を東京地裁に申請する方向で準備に入った。複数の関係筋が明らかにした。

負債総額は1兆円超とみられ、タカタは事業を継続しながら裁判所の管理下で再建を図ることになる。

関係筋によれば、米国子会社のTKホールディングス(ミシガン州)も日本の民事再生法に当たる米連邦破産法11条の適用を申請する予定。タカタは出資を伴う支援を仰ぐ中国・寧波均勝電子(600699.SS)傘下の米自動車部品メーカー、キー・セーフティ・システムズ(KSS)との合意を目指しているが、日米での適用申請前に合意が得られない可能性もあるとしている。

(後略)

引用:タカタ、早ければ来週にも民事再生法申請へ=関係筋|ロイター

株式投資に関する情報サイトです。コラム、企業発表、東証有望銘柄、株のきほん、株価チャート入門、株価材料、株式市場の話題、株式週間展望、相場格言などの情報を掲載しています。
総合評価
(0)
Pocket