株の教科書.com

0

(何十件目かの)仁義なき戦い。ウエスタンデジタル、東芝を提訴

経営再建中の東芝が売却手続きを進めている半導体子会社「東芝メモリ」(東京)を巡り、協業相手の米ウエスタン・デジタル(WD)は14日(日本時間15日)、売却中止を求めて米国の裁判所に提訴したと発表した。東芝は危機的な財務を回復するため売却を急いでいたが、訴訟に発展したことで計画は大幅に狂う可能性が出てきた。

(後略)

引用:米WD、売却中止求め提訴 東芝半導体巡り、計画に狂いも | 2017/6/15 - 共同通信 47NEWS

 経営再建中の東芝は21日、不正会計問題で株価が下落し損害を被ったとして、信託5銀行から約140億円の賠償請求を新たに受けたと発表した。同様の提訴は21件目で、請求された賠償金額の合計は640億円余りとなった。

(後略)

引用:東芝:信託5銀、140億円の賠償提訴 - 毎日新聞

(前略)

 東芝とWDは世界最大規模の半導体メモリー工場、四日市工場(三重県四日市市)を共同運営している。合弁契約は米カリフォルニア州法を準拠法にした法的拘束力のある契約で「相手の同意なく売却できない」と明確に規定されている。

 両社の主張が食い違っているのが、契約内容に含まれる支配権の移動を示した「チェンジ・オブ・コントロール」条項の解釈だ。合弁会社の持ち分保有者である東芝やWDを第三者が買収する際には相手の同意は不要というものだ。

 東芝はこの条項が該当すると主張する。一方、WDは「(分社した)東芝メモリには当該条項が該当せず、そもそも分社することも契約違反」と主張している。

(後略)

引用:米WD、東芝の半導体売却差し止め請求 再建計画遅れも:日本経済新聞

東芝(6502.T)は13日、不正会計処理により損害を被ったとして海外機関投資家など70人が約439億円の損害賠償を求める訴訟が東京地裁に提起されたと発表した。合理的に見積り可能な額を2016年度決算に引当計上する予定だという。

(後略)

引用:東芝の不正会計、海外機関投資家など70人が提訴 440億円請求|ロイター

株式投資に関する情報サイトです。コラム、企業発表、東証有望銘柄、株のきほん、株価チャート入門、株価材料、株式市場の話題、株式週間展望、相場格言などの情報を掲載しています。
総合評価
(0)
Pocket