株の教科書.com

ベトナム株の特徴と購入前に気をつけたいポイント

ベトナム株の特徴と購入前に気をつけたいポイント

株の知識レベル:

ベトナムについて知っていることといえば「社会主義の国家」「若い人が多いらしい」「最近発展している」という点がよく上げられます。しかし、ベトナム経済や株式まで詳しく知っているという人はまだまだ少ないのではないでしょうか?今回は、これから発展が期待できるベトナムの経済と株式についてご紹介します。投資のチャンスがあるかどうかも見ていきましょう。

ベトナムとはどのような国なのか?

ベトナムは社会主義の国家ですが、1986年の「ドイモイ(刷新)政策」によって、国家が大きく方向転換したため、市場経済が導入されています。ドイモイ政策によって、市場経済の導入、国外への市場の開放、私有財産の保有が認められ、経済発展を目指すようになり、国民の間にも「頑張るとますます豊かになる」という考えが浸透していきました。積極的に経済発展を目指すというスタイルは中国と酷似しています。

ベトナムで期待できる産業はある?

ベトナムの成長率ですが、2000年代に入ってからは、年5~7%台の成長率を維持していて、現在約6%ほどです。この数字から見るに、さまざまな産業分野で期待ができますが、その中でも特に好調なのは繊維製品関連です。繊維製品は低い人件費、高い労働力によって支えられている、主力輸出商品であり、近頃販売している服のタグに「made in Vietnam」の文字を見ることが増えているところからも、好調さがうかがえるかと思います。加えて、世界の有名電子部品メーカーがベトナムに大規模な製造拠点を作っているため、電子部品・携帯電話関連の輸出も増えてきています。

ベトナム経済の今後の展望について

ベトナム経済の今後の展望について

ベトナム経済は今後も発展を続ける見込みが大きく、国民の平均年齢が約28歳と非常に若く、労働力の確保という点で問題もありません。

ベトナム経済の最大の強みは政府主導で方向性が決まることです。ベトナムは一党独裁国家であり、政府の考えがそのまま経済に影響するので、官民全てが同じ方向に進むという特性があります。政策決定から実行までが早いのはとても大きなメリットです。

ベトナム経済の課題はどのような点?

反対に課題はあるのでしょうか?最大の問題は、社会主義国家であるため、利益の出ない国営企業が多く存在することです。国営企業の改革が今後の大きな課題になることが間違いないでしょう。

また、インフラ整備が遅れていることも課題に挙げられます。ホーチミンやハノイといった大都市に多くの住民が集中しているため、地方部の道路や鉄道がまだ整備されていないという問題が生じています。ただ、この問題点はインフラ関連企業にはチャンスになることも考えられますので、注目してみてもいいかもしれません。

歴史は浅いが発展に期待!ベトナムの証券市場

歴史は浅いが発展に期待!ベトナムの証券市場

成長率が高く、産業も好調なベトナムですが、証券市場ができたのはごく最近です。まだできたばかりで新鮮さすら感じさせますが、それはベトナム最大の証券取引所である「ホーチミン証券取引所」の取引開始が2000年、新興市場の「ハノイ証券取引所」が2005年の取引開始であるところからも見て取れます。

では、この証券市場の仕組みや企業構成はどのようになっているのでしょうか。現在、ベトナム全体の上場企業数は700社超です。15、6年ほどの歴史しかありませんが、株式市場が急速に発展していることが分かります。上場企業の分野についても第一次産業、第二次産業、第三次三産業の企業が上場しているので偏りがありません。株価の推移でもホーチミン証券取引所の株価指数「VN指数」もまずまず順調であり、これから投資するに値する市場であると言えます。

ベトナム株式に投資するにはどのような方法がある?

日本の投資家がベトナム株式を売買する際はどうすればいいのかを確認してみましょう。日本の証券会社でベトナム株式投資ができるところはほとんどありません。そして、インターネットで確認していただくと分かりますが、ベトナム株式を取り扱う証券会社でも、売買できる銘柄は数少ない状態です。投資したい銘柄が見つかっても、日本の証券会社では取引できない可能性があるので気を付けましょう。ところで、例外的ではありますが、ベトナムの証券会社に口座を開いて取引をするという方法もあります。

この方法は幅広い銘柄から投資先を選ぶことができるといった長所がある反面、現地に銀行口座が必要になる、ベトナム語で契約しないといけない等のハードルもあります。日本語のフォローしている証券会社もあるようですが、どこの証券会社でも対応しているわけではありません。手軽にベトナム株式投資を始めたいと思う程度ならば、現地証券会社での口座開設・投資は避けておいた方がいいでしょう。

まとめ

ベトナムは豊富な労働力を武器に発展を続けています。また、政治主導で動くことができるのも強みです。外資の巨大企業が進出してきていることもあり、今後にもますます期待が持てそうです。日本ではベトナム株式を取り扱う証券会社が限られているため、気軽に株式投資ができるとは言えませんが、興味があるならば、一度調べてみることをお勧めします。

証券会社で営業・窓口職を4年ほど経験。
営業経験談・苦労話・面白話なども沢山持っています。4歳と1歳の子育て中です!
総合評価
(0)
Pocket