株の教科書.com

韓国株の特徴と購入前に気をつけたいポイント

韓国株の特徴と購入前に気をつけたいポイント

株の知識レベル:

日本と地理的にも非常に近く、観光・文化交流も盛んな韓国は、製品・サービスも日本に入ってくることが多いため、親しみがあるかと思います。そんな韓国の株式にはどのような特徴があるのでしょうか?投資をする際のポイントについてもまとめてみましたので、購入を考えている方はぜひ参考にしてください。

知っているところも多い?韓国の企業

韓国の企業には私たちの生活にも深く根差しているところがたくさんあります。例えば、スマートフォンで有名な「サムスン電子」や「LG」、お菓子の「ロッテ」などは、知っているだけでなく、使っている人も多いでしょう。それ以外でも「現代自動車」、製鉄会社の「ポスコ」、有名タレントを多数輩出する芸能事務所の「SMエンターテインメント」などが知られています。

これは、日本と韓国の距離が近いというだけではなく、力を入れている分野が近いことも関係しているためです。日本企業の海外進出や輸出関連のニュースがあると、必ずと言っていいほどライバルとして韓国企業の名前も出てきます。

韓国の株式市場や上場企業の特徴とは

韓国の株式ですが、「韓国取引所」というところで取引されます。

韓国の取引所はこの韓国取引所のみです。市場規模は時価総額ベースで中国・日本・インドに次いで第4位となっています。上場企業には財閥系企業が多いという特徴があります。上場企業の一覧を見ても、「現代」「サムスン」「LG」という文字が企業名に多く見られます。

しばしばニュースでも取り上げられていますが、韓国は「財閥社会」です。国内総生産(GDP)の約6割を四大財閥(サムスン・LG・SK・現代)が占めているという話もあるほど、財閥が韓国経済に影響を及ぼしています。すなわち、財閥系企業の業績がそのまま韓国経済に反映するといっても過言ではないでしょう。

韓国株式をお勧めしたい理由とは?

韓国株式をお勧めしたい理由とは?

韓国株式の最大の魅力は、「情報が入りやすい」ことではないでしょうか?取引材料を探しやすいことは、非常に大きなメリットです。日本でもなじみのある企業も多いことや、報道でもよく韓国関連のニュースは出てきます。

また、日本と韓国は時差がなく、市場が開いている時間もほぼ同じとなっています。米国の株式市場の開いている時間は日本の真夜中であり、売買や株価チェックのために起きているという人もいるかと思います。その点、無理のない時間で株取引ができる韓国市場はとても魅力的ではないでしょうか?

韓国株式を購入したい時はどうしたらいい?

では、韓国株式への投資はどのようにして始めるかをご紹介します。

まず、証券会社を選ぶところから始めますが、他の外国株同様、韓国株式を取り扱っている証券会社は限られていますので、注意が必要です。取扱銘柄も証券会社によって違いますので、こちらも事前にチェックしておいてください。銘柄情報も、ある程度は新聞・インターネット・テレビのニュースで手に入れることができますが、財務諸表や決算報告などの詳細なものになると、証券会社の有料サービスに頼らざるを得ない場面が出てきます。どの情報が無料なのか、有料だとどの程度の情報が手に入るのかも要確認です。

韓国株式の取引で注意することはある?

韓国株式の取引で注意することはある?

韓国株式を取引する際に気を付けないといけないことといえば、為替についてです。韓国の通貨「ウォン」でも他の通貨と同じ様に、為替差益・差損が出る可能性はあります。隣国とはいえ、対米ドルの情報ほど多くはありません。さらにウォンはいわゆる国際通貨ではなく、値動きが安定しないこともあります。売買するときはもちろんのこと、日頃から意識して、為替のニュースを見ておく必要があるでしょう。

財閥社会であること、そして輸出高にも注意が必要!

先ほども述べました通り、韓国は財閥社会です。ある財閥系企業に危機があると、系列企業全てが危機に陥る可能性もあります。自分の投資している企業だけでなく、系列企業の値動きも併せて見るようにしてください。

さらに、韓国が国の経済を輸出に依存しているということは、しばしばニュースでも取り上げられています。相手国に何らかの問題が生じて輸出高が減ると、一気に景気が悪くなる可能性も否定できません。輸出関連のニュースにも注意しながら、投資するようにしてください。

まとめ

輸出依存、財閥社会といった弱点も持つ韓国市場ですが、情報が入りやすく投資がしやすいといった利点も持っています。投資を検討する場合は、間違った情報に惑わされないように、信頼できる情報源の確保が必須です。ぜひ、いくつかの証券会社のサイトやニュースサイトを見て、自分に必要な正しい情報を得るようにしてください。

証券会社で営業・窓口職を4年ほど経験。
営業経験談・苦労話・面白話なども沢山持っています。4歳と1歳の子育て中です!
総合評価
(0)
Pocket