株の教科書.com

タイ株の特徴と購入前に気をつけたいポイント

タイ株の特徴と購入前に気をつけたいポイント

株の知識レベル:

親日家が非常に多い、プーケットなどの観光地、タイ料理を食べたことがある等の理由でタイという国に親しみを持っている人は多いことでしょう。また、タイからの来日旅行者数が増えているところから見ても、経済発展しているのではないかと思われるのではないでしょうか?もしかしたら、タイ株も今が投資のチャンスなのかもしれません。今回は、タイの株式事情について見ていきます。

タイの株式市場について見てみよう

タイの証券取引所は「タイ証券取引所」のみです。その中でメイン株は「SET市場」、新興企業株は「mai市場」で取引され、株式は「ローカル株」「フォーリン株」「NVDR」の三種類に分けられます。それぞれの特徴ですが、以下の通りです。

  • ローカル株…国内投資家向け 海外投資家が保有すると議決権や配当権はない 流動性が高い
  • フォーリン株…海外投資家向け 議決権や配当権は付く 流動性が低い
  • NVDR…議決権なし預託証券 配当権は付く 流動性が高い 国内・海外投資家は問わない

日本人を含む海外投資家はフォーリン株かNVDRに投資することになりますが、流動性が低いと売りたい時に売れない可能性も出てきますので、NVDRがお勧めです。

タイの経済事情はどうなっているの?

株式市場の仕組みについて確認してみましたが、肝心の経済はどのような状況なのでしょうか?

まず、タイの経済は堅調に推移していて、実質国内総生産(GDP)も毎年3%程度成長しています。現在の日本の実質GDP成長率が0.5%ほどですので、成長国家であることは明らかです。

そして、タイは自動車の生産について「アジアのデトロイト」と言われているほど力を入れています。また、観光分野も好調です。タイを訪れる観光客は毎年増加しており、観光でGDPの約10%を占めるほどです。

しかし、近年あまり成長していない部分があるのも事実です。例えば、二輪車・自動車の国内での売り上げはここ数年低迷しています。今後、経済がさらに発展し購入層が広がったら再度成長するのかもしれませんが、現時点では大きな売り上げ増は難しいといってもよいでしょう。

また、インフラ関連にも成長分野と大きな伸びが期待できない分野があります。タイは道路網が整っていますが、鉄道は地方部で整っていない部分があります。今後は鉄道分野の開発の方に注目する必要があります。

株式投資する時は何を見るべきなのか

株式投資する時は何を見るべきなのか

タイ経済は堅調な反面、爆発的な成長は難しいかもしれません。投資先を決める際は、大きく値動きしている銘柄より堅実な銘柄を選ぶのがいいでしょう。大きな期待はできないものの、値動きの安定したインフラ関連・輸送関連株式は要注目と言えます。この分野の株式をチェックしてみてください。

そして、輸出関連も忘れてはなりません。タイは周辺諸国へ農産物や自動車・コンピューター関連を輸出しています。

また、アジア諸国とは経済連携協定(EPA)・自由貿易協定(FTA)を結んでいるところから他国との貿易にも力を入れていることが分かるかと思います。このあたりから考えて、輸出関連分野に目を付けるのもお勧めです。

タイ株式を購入できる証券会社はある?

タイの株式を購入したい場合は、証券会社で口座を開くことになります。しかし、日本国内の証券会社でタイ株を取り扱うところは極めて少ない状態です。さらに、「インターネット取引ができる」「多くの銘柄から選びたい」と条件を付けていくと、利用できる証券会社はますますなくなっていきます。全ての希望を満たした取引は難しいかもしれませんので留意しておいてください。

また、タイの現地証券会社で口座開設して取引するという手段もありますが、言語の問題やタイの銀行口座が必要になるなど、一般的な方法ではありません。タイに住んでいる人や言語に相当自信がある人以外は避けた方がいいでしょう。

投資する時の注意点や対処法について

投資する時の注意点や対処法について

証券会社に口座を開き、実際に投資を始める際の注意点とはどんなものでしょうか?
第一には、他の外国証券と同じで情報が得にくいところです。具体的にタイ企業の名前や事業内容まで知っている人は少ないかと思われます。
また、政治リスクにも気を付けてください。タイでは過去に軍事クーデター・大規模デモが起きています。中短期で投資を考えているならば、要注意です。
そして、たびたび被害甚大な災害も起こっています。災害が起こるたびに株価に影響が出る可能性もあることを覚えておいてください。

リスクを回避するためどうすればいい?

タイ株に限らず、株式投資をする際はリスクについても考えておかないといけません。
まず、正確な情報を得られる情報源を確保しておいてください。証券会社では口座開設した人に情報を提供しています。また、サイト上に誰でも読める情報を公開している場合もありますので、必ず目を通してから投資をするようにしましょう。
政治リスクに対応するためには、世界情勢に敏感になっておく必要もあります。新聞等のニュースをチェックするようにしましょう。

まとめ

タイの投資事情についてご紹介しました。爆発的に伸びている国ではなく、穏やかに成長している国と言えるのではないでしょうか。
大きな利益を得るというよりは、確実なところに投資をしたい人に向いた投資先であるでしょう。さまざまな情報を吟味して投資するようにしてください。

証券会社で営業・窓口職を4年ほど経験。
営業経験談・苦労話・面白話なども沢山持っています。4歳と1歳の子育て中です!
総合評価
(0)
Pocket