株の教科書.com

中国株の特徴と購入前に気をつけたいポイント

中国株の特徴と購入前に気をつけたいポイント

株の知識レベル:

近年、中国は経済大国として非常に発展している印象を受けます。また国内総生産(GDP)でも米国に次ぐ世界第2位の地位になりました。一時期より落ち着いたとはいえ、経済発展しているのならば、投資を考えてみるのもいいかもしれません。中国株式ですが、どのような特徴を持つのか気になります。まだまだ知らないことが多い中国の株式について詳しく見ていきましょう。

中国株式の特徴と気になる銘柄について

中国の株はどのような特徴を持つのでしょうか。まず、証券取引所から見ていきましょう。

中国の証券取引所は規模の大きい順に「上海証券取引所」「香港証券取引所」「深セン証券取引所」のがあります。上海と香港の証券取引所については、日本のニュースでもよく取り上げられているので、耳にする機会も多いかと思います。

これらの取引所に上場している株式はいくつかの種類に分かれていますが、よく聞かれるのが「A株」「B株」です。「A株」は人民元で取引可能、「B株」は米ドル・香港ドルで取引可能となっています。以前あった「A株」=中国国内投資家のみ、「B株」=外国人投資家のみという規制は撤廃されています。規制の撤廃により中国国民の株式取引の参加、外国人投資家の流入も進んできたためか、市場規模も急激に拡大しています。

世界の取引所の時価総額ランキングでも、上海証券取引所はニューヨーク証券取引所、NASDAQ、日本証券取引所グループ(東京・大阪証券取引所)に次いで第4位です。ちなみに、国別株式時価総額ランキングを見てみると、深セン・香港の取引所を含めた、中国の取引所の株式時価総額は米国に次いで第2位になります。

中国の取引所にはどのような銘柄がある?

市場規模も拡大中で勢いのある中国の株式市場ですが、どのような銘柄を取り扱っているのでしょうか?

海外旅行をする人ならば、「エア・チャイナ」「キャセイパシフィック」といった航空会社はご存じでしょう。また、日本でも有名な白物家電の「ハイアール」や、パソコンの「レノボグループ」の親会社も上場企業です。私たちにもなじみのある企業・有名企業も多いので、好きな銘柄を探す楽しみもあるかと思います。

余談ですが、日本でもよく聞く、検索エンジン提供企業の「百度(バイドゥ)」はNASDAQ、通販サイトの「アリババ」はニューヨーク証券取引所の上場企業です。

中国株式の魅力と投資する利点について

中国株式の魅力と投資する利点について

では、中国株式の魅力とは一体何でしょう?日本株投資だけでは味わえない利点はあるのか確認していきます。中国株式の魅力は「値動きが大きいこと」です。値動きが大きいということは下落リスクもありますが、大きくもうけたい人にとっては非常に魅力ある株式市場と言えます。値動きを確実に追うことができ、思い立ったらすぐに注文を出せる環境にあるのならば、中国の株式市場は狙い目ではないでしょうか?日本の株式市場に特別な材料がなく、鈍い値動きになっている時には中国市場に投資をシフトするのもいいかもしれません。

中国市場で成長企業を探してみよう

また、成長が期待できる企業が多いのも中国の特徴です。特に注目されるのが、インフラ関連・環境関連でしょう。中国は都市部が発展しているとはいえ、地方はまだまだ整備されていないところも多く、環境面でも大気汚染が問題になっています。これらの問題に着目した企業も出てきていますので、ぜひ探してみてください。そして、一時期よりペースが落ちているとはいえ、新規上場株(IPO株)が多いのも特徴です。それだけ、中国の株式市場が活気づいているという証拠でしょう。新しく勢いのある企業の株を見つける楽しみもあると思います。

中国株式取引で気を付けないといけない点とは

中国株式取引で気を付けないといけない点とは

利益も期待できそうな中国株式ですが、注意点もあるのでいくつか挙げていきます。先述しましたが、値動きが大きいというリスクがあります。こまめに株価をチェックして売買する必要があるでしょう。 また、なじみのない企業も多く、情報が少ないことにも気を付けないといけません。日本株のように、新聞・雑誌・インターネットで簡単に情報が目に入るわけではないので、自分から進んで情報を取りに行く努力が必要になります。

満足できる取引のためには証券会社選びも大切

取引する証券会社選びにも注意してください。多くの外国株式と同様に、中国株式も取り扱っている証券会社が限られ、取扱銘柄も証券会社によって多い・少ないがありますので、気を付けましょう。取扱銘柄については、各証券会社のサイトで公表していますので口座を開く前にチェックすることが必須です。幸いなことに、中国株式については、力を入れている証券会社が少なくありません。誰でも読める詳細な株式リポートをサイトに上げている証券会社もありますので、ぜひ読んでみてください。

まとめ

中国は地理的に近く、話題もよく聞きますが、株式投資についてはまだ馴染みがないというのが現状です。だからこそ、投資を考える絶好のチャンスではないでしょうか?その気になったらいつでも投資ができるように、良い銘柄がないか新聞やインターネット等で探してみてください。

証券会社で営業・窓口職を4年ほど経験。
営業経験談・苦労話・面白話なども沢山持っています。4歳と1歳の子育て中です!
Pocket

0

中国株の特徴と購入前に気をつけたいポイントの口コミ・評判

▼口コミを投稿する

コメントを残す

口コミ投稿に関するガイドライン