株の教科書.com

今日の前場銘柄ハイライト【2017年6月14日】

KeePer技研(6036)

東証1部
一時2997円+252円

洗車・車内清掃・板金塗装を手掛けるKeePer技研(6036)が買い気配でスタートし、大幅高。13日大引け後に今6月期業績予想を増額修正。売上高は引き下げたが、営業利益はと経常利益はともに10億円と予想かせ1億円上乗せ。営業利益は前期比24.2%増に。粗利益率の高い製品の売り上げ構成比が上昇しているという。また、期末配当予想を2円引き上げて17円(年間)と前期比で8円の増配となる。なお、同社株は6月末割り当てで1対2株の株式分割を発表済み。

大黒屋ホールディングス(6993)

東証2部
一時90円+20円

中古ブランド品の買い付け・販売を手掛ける大黒屋ホールディングス(6993)が急騰した。日本経済新聞で中古ブランド品の買い付け・販売を手掛ける大黒屋ホールディングス(HD)は同業のブランドオフ(金沢市)を買収することが報道されたことが材料。報道によると買収額は約90億円で、買収により国内の店舗数を現在の2.5倍の50店超に広げ業界トップの座を確実にする。大黒屋ホールディングスは中国金融最大手CITICとブランド中古品買い取り事業で資本業務提携もしている。

明豊ファシリティワークス(1717)

ジャスダック
一時370円+3円

建築工事で発注者を支援するコンストラクションマネジメントを展開する明豊ファシリティワークス(1717)が堅調・株価の動きは地味だが、材料性が注目されている。同社は13日に、平成29年度大阪府立大学学舎整備事業 (コンストラクションマネジメント・設計・工事監理業務委託、工事請負、および資金調達一括事業)における公募型プロポーザルに当社が応募し、5月25日に優先交渉権者として選定されたと発表した。大阪府立大学はその選定理由について「数量、単価、経費率等のコストと設計工事の品質および工程などの最適化を図り、合理的で質の高い事業推進を期待し選定した」としている。大学の受験生人口がこの年を境に減少するという「2018年問題」を抱えた大学側が積極的な施策に乗り出してくる期待がある。なお、同社は直近で、レゴランドホテル、水族館施設のコンサルタントを手掛けた実績も持つ。

株式投資に関する情報サイトです。コラム、企業発表、東証有望銘柄、株のきほん、株価チャート入門、株価材料、株式市場の話題、株式週間展望、相場格言などの情報を掲載しています。
総合評価
(0)
Pocket