株の教科書.com

0

株式投資の基本!銘柄の選び方とポイント

株式投資の基本!銘柄の選び方とポイント

株の知識レベル:

始めて株式投資を行う人にとって、どの銘柄を選ぶのかといった判断が最も重要となってきます。株価の値動きの予想を単に運だけに任せると、ギャンブルと同じ、不確実性の高いものになってしまいます。せっかく投資するのですから、やるからにはより自分なりに根拠のある銘柄選びを行いたいものです。銘柄の選び方とポイントについて考えていきます。

純粋に興味のある会社に投資を行う

日頃株式取引しているときには意識しないと思いますが、株式を購入することは、法律的にはそこの会社の構成員(株主)となることを意味します。このように考えると、投資する企業は自分が興味のある会社であることが何より重要であることがわかるのではないでしょうか。業種や分野だけではなく、会社の経営方針や社長の個性など、興味の対象はいろいろとあってもいいでしょう。

また、心から応援したいという気持ちになれる会社であることも重要です。いかに興味のある会社や応援したい会社であっても、財務状況が健全で、コンプライアンスがしっかりしていることは最低限必要でしょう。

投資スタイルに合わせて株を購入しよう

人によって投資をする目的や意味などは異なってくるものです。短期間に売買を繰り返して売却益を狙う人にとっては、値動きの大きい銘柄に積極的に投資をすることがポイントとなります。成長力や割安感などに着目し、新興市場である東証マザーズやジャスダックなどに上場している銘柄は穴場でしょう。反対に長期間にわたって、配当金を受け取り続けるなど安定感を狙いたい人にとっては、値動きの幅が小さい東証一部上場企業などの安定株が向いているでしょう。

会社四季報にも目を通すことが大切

会社四季報にも目を通すことが大切

会社四季報というと、就職活動中の学生が入社試験を受ける時に読み込んでいるといったイメージを持っている人も多いかもしれませんが、株式投資をする際にも非常に役に立つ情報源なのです。

会社四季報は上場企業の最近の業績や今後の見通し、株主の構成など投資に必要な判断材料となる情報が詰まっています。年四回発行されますが、それほど高額ではありませんので、気になっている会社の情報をある程度把握するには最適なツールといえます。深く読み込むことによって、思わぬ優良企業に出くわすこともありますので、より良い銘柄選びのためにも有効に活用するべきでしょう。

投資家向け情報提供(IR)情報も重要な情報源

投資家向けの企業情報を見て会社の分析を行うことも銘柄選びの重要なポイントとなります。上場企業の場合、ほとんどの会社が自社のホームページ等で「IR情報」を公開しています。これは、株主向けの情報提供を意味します。近年では、株主に対する情報公開がその企業の健全性を反映しているといえますので、多くの企業が積極的に情報公開を行っているのです。その企業の特徴や今後の流れなどをつかむことによって、これからの成長や業績などを予想する大きな判断材料となるでしょう。

株価収益率(PER)も有効な判断材料となる

投資銘柄選びの判断材料に、株の割安度をはかる指標の一つ「株価収益率(PER)」を使う方法があります。一般的にPERが低いほど利益に対して株価が安いことを示します。例えばPERが15倍の企業と20倍の企業とでは、PER15倍の企業のほうが投資リスクは低くなるということになります。PER算出のための計算式もありますが、計算するのも大変ですので、証券会社のホームページなどに掲載されている計算済みの数字を確認すれば大丈夫でしょう。投資家によってことなるものの、PERの目安はおおむね15倍以下とされているようです。

株価純資産倍率(PBR)という指標も重要

PERと似たような指標の一つに、株価純資産倍率(PBR)というものがあります。これは会社の資産からの割安度をはかるものです。例えば1株あたりの純資産額が千円で株価も千円であれば、PBRは1倍となり、割安でも割高でもありません。PBRが1倍未満であれば、千円の株を千円未満で買えることになり、割安ということになります。このPBRもPER同様、自分で計算するのは大変ですので、ホームページに掲載された数字を確認するようにしましょう。

このように、単に感覚的なものだけではなく、PERやPBRといった客観的な数値を使って判断することは投資銘柄を選ぶにあたりとても大切です。

まとめ

銘柄選びには、興味のある会社や応援したい会社などに重きを置くほか、PERやPBRといった指標に基づいて選定する方法もあります。企業のどの部分に着目して投資を行うのかは、それぞれの投資スタイル・投資の目的によって異なります。自分自身の投資基準に照らし合わせて効率よく銘柄選びをしていきたいものです。

現職の司法書士(実務経験14年)、ライター歴3年。
資格は司法書士、宅地建物取引主任者、2級FP技能士、モーゲージプランナー(住宅ローン専門資格)。
総合評価
(0)
Pocket