株の教科書.com

空白が埋まる。セブン-イレブン、沖縄出店へ

 コンビニエンスストア国内最大手のセブン-イレブン・ジャパン(東京)の古屋一樹社長は9日、県庁で記者会見し、県内への出店を正式に表明する。会見を前に翁長雄志知事にも報告する。2018年にも進出し、県内全域で300店規模の店舗体制を目指す。県内の競争激化は避けられず、小売業界の勢力図が大きく変わりそうだ。

 セブンは15年に鳥取へ進出し、国内未進出の地域は沖縄のみ。今回の出店で最後の空白地帯を埋めることになる。国内店舗数は17年5月末で1万9579店。沖縄進出により、2万店の大台突破に弾みが付きそうだ。ただ、関係者によると進出時期は19年にずれ込む可能性もある。

(後略)

引用:セブンーイレブン、あす沖縄進出を表明 全国2万店大台へ弾み 県内小売業に影響必至 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

 コンビニ最大手のセブン―イレブン・ジャパンの古屋一樹社長は9日、沖縄県の翁長雄志知事を県庁に訪問し、沖縄に進出する意向を表明した。2019年度をめどに出店を始め、5年間で約250店舗を展開する予定。沖縄県は全国の都道府県で唯一セブンの店舗がなかったが、進出により「空白県」が解消する。

引用:

(前略)

店舗数は、出店から5年で約250店舗を予定している。出店にあたっては、新たに工場や配送センターを設ける計画。セブンイレブンは、5月末現在、国内で1万9579店舗を展開している。

また、同社は、経済特区を活用し、沖縄を輸送拠点として、グループのプライベートブランド(PB)「セブンプレミアム」のアジア展開を進める。セブンプレミアムについては、16年度の売上高1兆1500億円を19年度に1兆5000億円に拡大させる計画。

(後略)

引用:セブンイレブン、19年度めどに沖縄初出店 全47都道府県で展開へ|ロイター

株式投資に関する情報サイトです。コラム、企業発表、東証有望銘柄、株のきほん、株価チャート入門、株価材料、株式市場の話題、株式週間展望、相場格言などの情報を掲載しています。
総合評価
(0)
Pocket