株の教科書.com

新規上場銘柄紹介:SYSホールディングス

愛知県名古屋市に拠点を置くSYSホールディングス(3988)が6月30日、ジャスダック・スタンダードに新規上場する。前身は1991年創業のソフトウエア開発企業エスワイシステムで、2013年に株式移転により同社が設立された。国内連結子会社5社、海外連結子会社1社で構成され、システムの開発、ソリューション提供を中核とする総合情報サービス事業を展開している。

3分野特化と人材確保に特徴

3分野特化と人材確保に特徴

「グローバル製造業」「社会情報インフラ」「モバイル」の3分野に大別されるソリューション事業を展開していることに特徴がある。

「グローバル製造業」では、自動車、重工業、工作機械、鉄鋼関連を主要顧客に、品質管理や調達管理、物流管理効率化のITを提供。なかで足元では、自動車向けEUC(電子制御ユニット)開発・検証ニーズが高まっている。

「社会情報インフラ」は、エネルギー関連、金融関連、不動産関連の各企業、官公庁・自治体などが主要顧客となり、基幹システムの開発やITインフラ構築・運用を担う。ビッグデータ処理・解析といったサービスを提供し、規制緩和によるエネルギー分野で引き合いが増加。クラウド、ビッグデータ処理・解析、AR、VR等でのソリューション提供の実績もある。「モバイル」は、法人向けにモバイル端末向けのアプリケーションを、流通、医療・介護、鉄道領域の事業会社に開発し提供している。管理部門と外勤スタッフとの連携、データの一元管理が出来るシステムを展開している。

現状では、「グローバル製造業」と「社会情報インフラ」が売上高のほとんどを占めて割合も拮抗(きっこう)、売上高の10%を超える特定の顧客もないことも特徴だ。

人材確保にも特徴がある。原則、未経験者に採用を限定刷る一方、国内では、連結子会社が運営する公共職業訓練校「エスワイ・ITカレッジ」で学んだ希望者をグループ企業で採用する。一方、海外では、バングラデシュ現地採用において、就業しながら学べる日本語学校を開設し、日本での勤務を希望する成績優秀者をグループ会社で雇う。中国、韓国、インドネシア、ネパールなどでも採用実績がある。

今7月期は増収増益見込み

今7月期は増収増益見込み

業績動向は堅調。今7月期は売上高38億9600万円(前期比3.7%増)、経常利益1億9100万円(同10.4%増)で、年間20円配当の予定。鈴木裕紀会長兼社長が上場前で実質61%強の株式を保有し、ベンチャーキャピタルは存在しない。既存株主6名には180日間のロックアップが掛かり、解除条項の設定もない。市場からの資金吸収は9億円弱と小型のIPO案件となる。

株式会社SYSホールディングスの会社概要・上場要項

企業名 株式会社SYSホールディングス
証券コード・市場 3988・ジャスダック・スタンダード
上場予定日 2017年6月30日
業種 情報・通信
事業内容 ITシステム開発(グローバル製造業、社会情報インフラ、モバイル)、ITソリューション・サービスの提供を中核とする総合情報サービス事業
本社 愛知県名古屋市東区代官町35-16
代表取締役社長 鈴木裕紀
設立 2013年8月
決算期 7月末
上場前資本金 7050万円
発行済み株式数 124万1000株
筆頭株主(上場前所有比率) 鈴木裕紀(上場前61.76%)
公募株式数 20万株
売出株式数 10万株
オーバーアロットメント 4万5000株
ブックビル仮条件 (6月12日決定)
ブックビル期間 6月14日~6月20日
公開価格決定日 6月21日
主幹事証券 東海東京
引受証券 野村、SMBC日興、安藤、エース、SBI
株式投資に関する情報サイトです。コラム、企業発表、東証有望銘柄、株のきほん、株価チャート入門、株価材料、株式市場の話題、株式週間展望、相場格言などの情報を掲載しています。
Pocket

0

新規上場銘柄紹介:SYSホールディングスの口コミ・評判

▼口コミを投稿する

コメントを残す

口コミ投稿に関するガイドライン