株の教科書.com

今日の前場銘柄ハイライト【2017年6月7日】

三井ハイテック(6966)

東証1部
一時1576円+265円

三井ハイテック(6966)が買い気配で始まり、大幅高で寄り付いた。6日大引け後に発表の今1月期第1四半期(2-4月)決算は前年同期比16.3%増収、84.2%経常増益。また、通期経常利益は23億円予想から26億円(前期比28.8%増)予想に上方修正。年間配当も前期比6円増の16円(前回予想は15円)に増配。車載、環境対応製品、情報端末向けのリードフレームと車載、家電用のモーターコアの受注が想定以上に推移したことが寄与。さらに、自己株式を除く発行済株式数の1.29%にあたる50万株、5億円を上限に自社株買いも発表。取得期間は6月7日から7月10日。業績増額、増配、自社株買いがそろう。

鳥貴族(3193)

東証1部
一時2884円+74円

全品280円均一の居酒屋チェーンを展開する鳥貴族(3193)が3日続伸し連日の年初来高値更新。6日大引け後に5月月次売上高動向を発表。既存天売上高は前年同月比5.1%増と今7月期において最大の伸びを記録した。客単価は前年同月比割れだが、客数は同5.6%増。全店売上高は23%増で、5月の新規出店は12店舗で直営・カムレードチェーン(ビジネス上の同士)合計は541店舗に順調に拡大している。

イマジカ・ロボット ホールディングス(6879)

東証1部
785円+11円

イマジカ・ロボット ホールディングス(6879) が5日ぶりに反発した。連結子会社ロボットの関連会社ABALが、空間移動型VR(仮想現実)システムを用いたオリジナル最新作「ABAL:DINOSAUR(アバル:ダイナソー)」を7月15日から開催される「テレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭り」で一般公開することを6日に発表したことが刺激材料となった。株式市場で物色テーマとしてのVRの人気はやや後退気味だが、任天堂(7974)関連株として注目度は高い。

株式投資に関する情報サイトです。コラム、企業発表、東証有望銘柄、株のきほん、株価チャート入門、株価材料、株式市場の話題、株式週間展望、相場格言などの情報を掲載しています。
Pocket

0

今日の前場銘柄ハイライト【2017年6月7日】の口コミ・評判

▼口コミを投稿する

コメントを残す

口コミ投稿に関するガイドライン