株の教科書.com

ネット証券のIPO

ネット証券のIPO

ここまでで、一応、店頭証券の攻略方法がおおむね見えてきたと思います。裁量と抽選、この二つを使い分け、ブックを継続して申し込みをすれば、必ず当選につながると考えております。もちろん、口座開設すぐの当選といったビギナーズラックというところから、1年、いや2年近く、当選することがない口座もあるかもしれませんが、基本は諦めずに申し込みを継続すれば、当選株数の多い大型IPOも時にはリリースされますから、まったく当選しない、あるいは公募割れ銘柄しか当たらないということにはならないと思っております。

しかしながら、どうしても店頭は敷居が高い、もしくは裁量配分狙いとなるとそれなりの預け金額が必要になることから、特に初心者の方は断念をする方も多いかもしれませんので、今回から、ある意味、店頭証券と相反するネット証券に注目してみたいと思います。

手数料の安さで「ネット証券」は常識

手数料の安さで「ネット証券」は常識

一般的に今更ではありますが、店頭証券とネット証券の違いは、圧倒的に手数料が安いです。また、原則担当というものはいませんので、こちらから、投資相談をしたり、逆に金融商品の営業を受けたりというものはありません。

以上のことから、普通に考えれば、通常の株式株取引においては、ネット証券をメイン口座にするのが王道であります。もちろん、どうしても、「どんな株を買ったいいか?」あるいは「投資信託に興味がある。」さらには「フェーストゥフェースでお話をしたい。」という方においては、店頭証券での口座は必須ですが、ここの読者においては、IPOの獲得目的以外で店頭証券をメインとして使う方はいないのではないでしょうか。

それほど、店頭証券の株式手数料というのが高いということであります。参考までに手数料を比較したのが下記の表になります。

野村証券(店頭)引手数料 株式(税込) 国内株式(ETF、REIT含む)

約定代金 基本料率
20万円以下 2,808円
20万円超 50万円以下 1.4040%
50万円超 70万円以下 1.0800% + 1,620円
70万円超 100万円以下 0.9288% + 2,679円
100万円超 300万円以下 0.8640% + 3,327円
300万円超 500万円以下 0.8316% + 4,299円
500万円超 1,000万円以下 0.6912% + 11,319円
1,000万円超 3,000万円以下 0.5616% + 24,279円
3,000万円超 5,000万円以下 0.2592% + 114,999円
5,000万円超 0.1080% + 190,599円

クリック証券(ネット証券)

1約定ごとプラン〜取引回数が少ない方にオススメ〜

手数料プラン 約定代金 手数料(税込)
1約定ごとプラン 〜10万円 95円
〜20万円 105円
〜50万円 260円
〜100万円 470円
〜150万円 570円
〜3,000万円 900円
3,000万円超 960円

となっておりますから、20万円の銘柄で1回の取引で2,700円、50回で135,000円とB級IPOの利益以上の差がでてしまうものでありますのでコストがいかに重要かわかるかと思います。

ネット証券はIPOの引受数が少ないのでは?

話を戻しますが「えっ!でネット証券はそもそもIPOの引き受けが少ないのでは?」という指摘もあろうかと思います。

はい。確かに少ないのですが、時には主幹事を引き受けたりすることもありますし、とにかく皆無というか0ではないし、引き受け株数が少なくてもブックビルディングのチャンス自体はありますので、やはり口座を開設してIPOに応募をする手間暇をかける価値があるのではないかと個人的には判断しております。

実際にこのタイミングでは、SBI証券が主幹事でビーブレイクシステムズとディーエムソリューションズを連続で務めており、シェアも前者は85%、後者は84.92%と高いことから、やはりこのネット証券のSBIで獲得することが王道となると言えます。

ただ、ひとつだけ、ネット証券でブックビルディングをする場合に注意することがあります。それは、ネット証券でありますから、ブックビルディングの抽選申し込み、当選確認、当選した場合の申し込みとすべて自分、一人で完結させることになります。

店頭証券であれば、担当がいる場合には、最初のブックビルディングの抽選申し込みを店頭に伺った時や電話1本さえすれば、後は、当選の結果はすべて、担当者から連絡があり、当選した場合の申し込みも後日、すべて電話でやっていただけます。

ブックビルディングの管理も自分で行う

ブックビルディングの管理も自分で行う

しかしながらネット証券の場合においては、そのような担当がいないことから、10年近くIPOの申し込みをしている私であっても、どこかの作業を忘れてしまうことがあります。さすがに月に数銘柄であれば問題ありませんが、今年の2月とか3月、あるいは年末のIPOラッシュとなると、日程も過密になることから、ブックの抽選の申し込みはもちろん、せっかく当選をしているのに、その申し込みの締め切り日を過ぎていることがありました。

一応、自分なりに手帳等で管理しているので、さすがにブックビルディングの抽選の申し込みやその結果確認は失念することはなくなったのですが、相変わらずその当選(補欠当選含む)後、すぐの申し込みができないネット証券(1日~2日後の申し込みで締め切りのタイミングも同じ)が多いのでその作業を失念することがあり、その銘柄の初値が爆騰した時のショックは計り知れないことは言うまでもありません。

このあたりは、どうしても、全ての証券会社に片っ端からブックビルディングをするのが当選の近道でありますから、過密日程の場合、どうしても漏れが出てしまうのかと猛省しているところでありますから、もうひたすら注意やら意識するしかないところであります。いずれにしろ、店頭証券と比較して、とにかく、IPOを獲得するには、ネット証券でのブックビルディングの申し込みも必須になりますので、順次、口座の開設をすることは今からでも必須であります。もちろん、ネット証券においても、店頭証券同様、当選の仕方のルールや特徴がありますので、そのあたりをおのおの、次回から掲載していきたいと思います。

追伸

福岡講演および名古屋講演決定!

個人投資家
バーテンダー、予備校講師、サラリーマンと多彩な職歴を歩む傍ら、IPO(新規公開株)を中心に2億円近くまでの資産を稼ぐ。株式投資を主戦場としつつもFX投資や不動産投資にも参戦している。「日本証券新聞」にて月1コラム連載。

Web
JACKメインHP
株ブログ
FXと不動産ブログ

著書
1万円を1年で100万円に! はじめての人の「株式」投資生活
元手50万円から始める! 月5万円をコツコツ稼ぐらくらく株式投資術

総合評価
(0)
Pocket