株の教科書.com

0

今日の前場銘柄ハイライト【2017年5月29日】

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

シャープ(6753)

東証2部
一時432円+17円

シャープ(6753)が26日大引け後に発表した今期業績予想などを手掛かりに大幅高に買われた。会社側は4月28日の本決算発表時に、今2018年3月期業績予想は5月26日の中計発表時に開示としていた。新たに開示した今3月期業績予想は、売上高2兆5100億円、営業利益は前期比44%増の900億円、経常利益は同3.2倍の790億円。中小型液晶パネルや液晶テレビの売上増と構造改革が寄与する見込み。また、中計の目標数値は2020年3月期に売上高3兆2500億円、営業利益1500億円。その実現のために「AIoT戦略推進室」「8Kエコシステム戦略推進」の新組織を新設する。

ウチダエスコ(4699)

ジャスダック
一時1488円+172円

内田洋行(8057)系の情報サービス企業のウチダエスコ(4699)が一段高。2月27日の年初来高値1490円に肉薄した。26日大引け後に発表した今7月期第3四半期(昨年7月21日から今年4月20日)業績は営業利益が前年同期比81.7%増の7億200万円と据え置かれた通期営業利益見込みの5億9000万円を超過。経常利益、当期利益も同じく超過しており、増額修正期待が先行した。電子黒板やタブレット端末などの学校向けIT関連機器に大型案件があったほか、システム導入支援サービスが堅調、オフィス移転案件も増加したことが寄与した。

モバイルファクトリー(3912)

マザーズ
3420円+500円買い気配

モバイルファクトリー(3912)が買い気配を切り上げて、ストップ高買い気配に貼り付いている。東証が26日、同社株式の東証1部への指定変更(6月2日付)を承認したと発表した。マザーズからの東証1部への市場変更は今年7社目。指定変更にあたってファイナンスは実施しないためにストレートに好感された。なお、1部銘柄となって7月28日の終値でTOPIXに参入される。このほか、26日にはジャスダックの平田機工(6258)が6月15日付での東証1部もしくは2部(所属部未定)への指定替えが発表されている。こちらは株式売り出しを実施することから、需給悪化が嫌気されて下落している。

株式投資に関する情報サイトです。コラム、企業発表、東証有望銘柄、株のきほん、株価チャート入門、株価材料、株式市場の話題、株式週間展望、相場格言などの情報を掲載しています。
総合評価
(0)
Pocket