株の教科書.com

0

借金をしてまで投資を行ってはいけない決定的な理由

借金をしてまで投資を行ってはいけない決定的な理由

株の知識レベル:

借金をしてまで投資を行ってはいけない決定的な理由

投資は余剰資金でするべきであり、借金をしてまで投資をしてはいけません。「言葉の上では」誰もがわかっていることですが、どうしてダメなのか、しっかりと理解できていない人が少なくありません。また、借金をして投資をした人が陥る失敗は、裏を返すと投資で成功するために必要なことを把握することにもつながります。なぜ借金で投資をしてはいけないのか、その理由を見てみましょう。

再確認!借金はどんな意味のあるお金?

借金とは、文字通り「借りたお金」ですから、いずれは返済するお金です。借りたお金である以上、金利負担も発生します。「最悪、全額なくなっても構わない」と割り切ることができる余剰資金と異なり、期日までにお金を用意する必要があるのが借金です。

期日があると、それを前提にした取引しかできなくなる

借金には期日があるため、期日までに手元に現金を用意する必要があり、期日に返済するお金を用意するという前提で取引をしなければなりません。
つまり、1カ月後に返済期日が迫っている場合は、「1カ月以内にまとまった金額が手に入る株を探す」という取引になるため、それだけ取引の選択肢が狭くなってしまいます。このように短期的な視点になると、投資よりもギャンブル性が強くなる傾向にあります。「直近で大きく下げた株価が戻るかもしれない」、「決算発表でサプライズがあるかもしれない」、「仕手化した株の波に乗ろう」といった、根拠がはっきりしない願望にもとづいた投資行動をとりがちになり、結局、勝率が下がってしまいかねません。

借金が残っている限り、利益を出しつづけなければならない

借金をしてまで投資を行ってはいけない決定的な理由

借金をしている場合、貸し手の利益である利息を支払わなければなりません。投資のための借金に限って言えば、返済義務は「貸し手のために投資で利益を上げる義務」と言い換えることもできるでしょう。貸し手は利息と元本を支払うことを求めるため、そのお金を工面しながら自分の利益も出しつづけなければならないのです。利益を出しつづけることは非常に難しいどころか不可能と言ってもいいかもしれません。大成功している著名な投資家でも、損失をこうむることはあります。大成功している投資家は、中長期的に利益を出すことも意識しながら、損失に備えた投資行動をとることができています。決して、一本調子で大成功を収めたのではないのです。

借金をしていると、冷静な判断ができなくなる

借金があるために、勝ち続けなければならないと意識するようになると、冷静な投資判断ができなくなります。「返済するためには何万円を現金化しなければ」、「損を取り戻さなければ」といった感情があると、投資判断が「自己基準」になってしまいます。自己基準での投資判断は、ただの希望的観測です。株価は自分ひとりだけで決められるものではなく、さまざまな情報にもとづいて多数の投資家の判断や行動が反映された市場の動きとして株価は形成されます。市場がどう動くかを基準にしなければ正しい投資判断はできません。自分の借金を返済することに気を取られて、自己基準を最優先した投資でうまくいくことはないでしょう。

信用取引は、借金をして投資をしていることを忘れずに

ここまで、借金をして投資をするべきではない理由についてお話してきました。信用取引で空売りをするためには株を借りる必要があるため、借金をしているのと同じです。
お金や株を借りなければ投資ができない場合には、資金管理をする力が必要です。信用取引であれば、保証金として差し入れている三倍強の取引が可能です。しかし、上限いっぱいまで取引しない、許容できる損失限度額を決めて損切りのための逆指値注文を入れるなどのリスク管理を徹底しましょう。

FXや指数先物などの証拠金取引も借金と同じこと

FXや指数先物などの証拠金取引では、信用取引よりもはるかに大きい25倍程度のレバレッジをかけて取引ができるため、リスクが非常に高くなります。そのため、証拠金取引の場合も、「借金をして取引をしているようなものだ」と意識して、徹底したリスク管理・資金管理が欠かせません。

まとめ

借金をしての投資は、利益を出さなければならないプレッシャーや投資判断を狂わせるリスクがあるため、するべきではありません。これらは、借金をしていなくても、お金への欲望で投資を失敗してしまう原因となるものです。借金は自己資金にレバレッジを利かせることができるのかもしれませんが、リスクにもレバレッジが効きます。あくまで余剰資金の範囲で、安全に投資をするように心がけましょう。

大阪でファイナンシャルプランナーとして活動。
資産運用に関する記事やビジネス関連の記事を多数執筆。
総合評価
(0)
Pocket