株の教科書.com

物色テーマ:電子タグ(RFID)

コンビニ大手5社が、経産省の呼び掛けに応じる形で、共同してICタグを使ったセルフレジ(無人レジ)を導入することとなった。

コンビニ社が同じセルフレジのシステムを導入すれば、推定で年間1000億個のICタグが使われ、この量産効果でタグのコストを下げ、セルフレジの実用化を早期に実現するという構想が動きだしている。

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

物流合理化のヒーローに

電子タグ(RFID)マラソンランナー計測等で実用化進む

セルフレジシステムの肝ともいえるICタグは、RFIDという技術を用いたもので、セルフ会計だけでなく万引防止にも活用でき、さらに店舗ごとの在庫管理や、賞味期限のチェックも大幅に改善できる。むしろ、RFIDはこの万引対策や商品管理での実用化が先行している。

ICタグは従来のバーコードと違い、離れたところからでも読み込みが可能なので、一度に複数のタグの読み込みができる。そのため、レジでは買い物カゴの中身を一度に読み込みが可能で、商品が店に届いたときにも、段ボール箱を開けずに中身をチェックすることができる。

バーコードだと表面が汚れると使えなくなるが、ICタグは問題なし。ICタグの種類によっては、データの書き換えが可能にもなる。そのためRFIDのICタグは小売店だけでなく、メーカーや物流業者にとっても有効なものとなる。

メーカーがICタグを商品に貼り付ければ、工場や倉庫の出入り口や道路に設置したゲートを通過するたびに商品の位置を把握できる。物流業者は、納品時の検品も短時間化できる。メーカーが小売店と連携すれば、いつ売れたかが即時に分かり、それを見て生産調整もできるので、作り過ぎなどのロスを軽減できる。欠陥への対応も、迅速にできる。物流問題が大きな社会問題となっている中、ICタグが果たす役割が「人不足対策」の側面などから改めて見直されている。

おわりに

ICタグは、商品管理以外にもその利用は応用が進んでいる。既にマラソン大会で選手に配布し何千人もが走るランナーの時間計測、小学生に防犯のために持たせるケース、フォークリフト事故対策、徘徊(はいかい)防止対策、入退室管理などに広がっている。

主な「電子タグ」関連株

デンソー(6902)

子会社のデンソーウェーブが、ICカードやRFID製品を製造。コンビニ大手の取り組みにも参画。

パナソニック(6752)

ローソンと共同で、完全自動セルフレジ機「レジロボR」を使った実証実験を行っている。

アルテック(9972)

印刷・包装など特殊産業機械の専門商社。欧州最大のICタグ製造機メーカーの製品を扱っている。

株式投資に関する情報サイトです。コラム、企業発表、東証有望銘柄、株のきほん、株価チャート入門、株価材料、株式市場の話題、株式週間展望、相場格言などの情報を掲載しています。
Pocket

0

物色テーマ:電子タグ(RFID)の口コミ・評判

▼口コミを投稿する

コメントを残す

口コミ投稿に関するガイドライン