株の教科書.com

ローソク足で判断しよう:コマ・極線(小陽線・小陰線)

ローソク足で判断しよう:コマ・極線(小陽線・小陰線)

株の知識レベル:

“相場は気持ちで動く”という格言もあるように、マーケットに不透明感が漂えば売りたくなるのが常です。一方で、企業業績が良く、ファンダメンタルズが良好な場合は資金が集まります。
ローソク足からも投資家心理は読み解けます。ここからは、“コマ”と“極線”にフォーカスして、トレンドのつかみ方をお伝えできればと思います。

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

コマ、極線共に方向感の乏しい局面を示唆。

コマと極線は、相場のもみ合い時に出現することが多いと言えます。これらのローソク足は、なぜ相場のもみ合い時に出現するのでしょうか。そのヒントはローソク足の形状に隠されています。コマとは実体、ヒゲ共に短いローソク足のことであり、極線とはコマの中でも特に本体の小さいものを指します。つまり、コマ、極線共に単日や週次の値動きが少ないことを示唆するのです。コマや極線の出現時における投資家心理は、商いも少なく、方向感も出ない、様子見ムードと言えるのです。

安値圏での出現は上昇トレンド入り、高値圏での出現は下落トレンド入りを示唆。

基本的に、投資家心理が1日、2日で劇的に変わることはありません。つまり、コマや極線の出現時には持ち合いの様相を呈することが多いと言えるのです。
持ち合いとはいわば、投資家が余力を持て余している状況。持ち合い後のローソク足が、次のトレンドを探る上でのキーポイントになります。コマや極線においては、安値圏での出現で上昇トレンド入り、高値圏での出現では下落トレンド入りを示唆します。

まとめ

上述した通り、コマや極線においては、持ち合い後の値動きがポイントです。方向感に乏しい状況から動き出すには、それなりの出来高やエネルギーが必要になります。コマや極線出現時の株価の位置処、持ち合い後の出来高等を確認することで、テクニカル指標の信頼度も高まります。ローソク足単体だけではなく、その他の指標も参考にするよう心がけましょう。

札幌で働く元証券マンのファイナンシャルプランナー。専門分野は株や投資信託を用いた中長期での資産形成。
趣味はスポーツ全般で小、中、高と野球部に所属。また、米国への留学経験があり、海外スタートアップ事情にも精通。
Pocket

0

ローソク足で判断しよう:コマ・極線(小陽線・小陰線)の口コミ・評判

▼口コミを投稿する

コメントを残す

口コミ投稿に関するガイドライン