株の教科書.com

0

ゴールデンクロスとデッドクロスの見つけ方

ゴールデンクロスとデッドクロスの見つけ方

株の知識レベル:

ゴールデンクロスとは、今後の上昇トレンド入りを示唆する非常に有効なテクニカル指標であり、短期の移動平均線が長期の移動平均線を上抜ける現象を言います。反対にデッドクロスは下落トレンド入りを示唆するシグナルであり、短期の移動平均線が長期の移動平均線を下抜ける現象を言います。どちらも視覚的にも非常に分かりやすく、扱いやすいテクニカル指標と言えるでしょう。では、ゴールデンクロスとデッドクロスはどのようにして見つければよいのでしょうか。その基礎知識とコツについて確認して行きたいと思います。

ゴールデンクロスは好材料が出た時に出現しやすい。

上述したように、ゴールデンクロスは移動平均線の短期線が長期線を上抜ける状況を表し、短期的に好材料が出た場合に形成されやすいチャートです。すなわち、短期的なトレンドがゴールデンクロスを達成する上でキーポイントになると言えるのです。

長期線の下落は売り方の圧力が弱まりつつあることを示唆。

長期の移動平均線がローソク足の下にある状況は、長期投資家が高値づかみしていることの表れです。もちろん、投資家はできることなら損切りを避けたいので、なかなか長期線が下がってきません。逆に言えば、長期線の下落は、高値づかみした投資家の損切りが進んでいる状況の表れであり、売り圧力が弱まりつつある状況を示唆するのです。売り圧力の減少とは、買い上がりやすくなることを意味します。売り方が少ない分、買いが続きやすいため、ゴールデンクロス出現の可能性が一気に高まるのです。

短期的な悪材料の増加はデッドクロスのシグナル。

デッドクロスを見分けるポイントも、短期線にあります。短期線とはその名の通り、短期的な値動きを折れ線グラフ化したものであり、短期的な材料にビビッドに反応します。例えば、今後発表されるA社の決算が予想を下回る悪い内容になるかもしれないとしましょう。このような局面では、短期線も下落する可能性が高いと言えます。もちろん、ローソク足と移動平均線の位置処にもよりますが、一般的にはこのように考えられるので、短期的に起こりうるイベントを予測することが重要と言えるのです。

短期線の下抜けは、トレンド転換のシグナル。

デッドクロスは長期的に上昇トレンドだった銘柄が、悪材料の出現により売りを浴びせられている状況を示唆します。中長期的に売られるシグナルになる可能性が高く、早い段階での売り抜けが鉄則になります。長期線の下落トレンドを後追いする形で短期線が下落することも多く、そのチャートの形状からもデッドクロスが強いシグナルであることが分かります。

乖離(かいり)率から出現の予兆を見極める。

乖離(かいり)率から出現の予兆を見極める。

ゴールデンクロスとデットクロスを見極めるためには、移動平均線とローソク足の位置処は非常に重要です。ゴールデンクロスであれば、ローソク足が短期線を越えてきたときに出現の可能性が高まります。特に窓を開けて乖離(かいり)率が大きくなったときは、ゴールデンクロス出現の可能性が高いと言えます。ローソク足が移動平均線を上放れると言うことは、短期的な好材料が出現したこととイコールです。乖離(かいり)率に注目してゴールデンクロスの予兆を見てみましょう。デッドクロスならゴールデンクロスの逆になり、ローソク足が移動平均線の下に出現した場合は要注意と言えます。

ゴールデンクロス、デッドクロス共にダマしが多いことには要注意。

ゴールデンクロスやデッドクロスは、テクニカル指標の代表格であり、幅広く知られている指標と言えます。この特性を狙って逆張りでもうけようとする投資家がいるので、ゴールデンクロスやデッドクロスが予想通りに機能しない(ダマし)であることも珍しくありません。チャート上にゴールデンクロスやデットクロスが出現しても、投資家の気迷いや様子見から数日間方向性が出ない場合もあるので、飛びつき売買には要注意です。

まとめ

ゴールデンクロスやデットクロスは視覚的には分かりやすいものの、ダマしか否かの判断は比較的難しいと言えます。株価の変動理由を明らかにすることで、その信ぴょう性も高まります。必ず値動きの理由を確認した上で、売買をしましょう。
また、出来高に注目することも重要です。短期的な出来高増加は、なんらかの材料が出現したことの表れです。相場に影響をもたらす材料や、出来高に注意して投資を行うことで、投資における確度も格段に向上します。

札幌で働く元証券マンのファイナンシャルプランナー。専門分野は株や投資信託を用いた中長期での資産形成。
趣味はスポーツ全般で小、中、高と野球部に所属。また、米国への留学経験があり、海外スタートアップ事情にも精通。
総合評価
(0)
Pocket