株の教科書.com

0

今後の予測を立てるのに便利な移動平均線

今後の予測を立てるのに便利な移動平均線

株の知識レベル:

株式の分析手法は、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析に大別することができます。ファンダメンタルズ分析とは、需給や企業業績をメインに基礎的経済状況からアプローチする分析手法です。これに対してテクニカル分析は、主にチャートの形状から先行きを判断する分析手法を言います。今回取り上げる移動平均線は、テクニカル分析の代表格と言えます。抵抗線や、トレンドの強弱を判断する上で欠かせない指標です。ここから、移動平均線の基礎知識と、具体的な利用方法について確認していきましょう。

移動平均線は終値平均の折れ線グラフ。

移動平均線とは、一定期間中の終値平均を折れ線グラフ化したものです。最初に移動平均線の作り方について確認して行きましょう。例えば、25日移動平均線であれば、25日間の終値平均を結んでチャート化します。A社の25日間の終値平均が500円だったとします。このような場合には、終値平均の500円を25日目に記入する訳です。次に記入するのは、2日目から26日目までの平均値ですね。510円なら510円と記入して行く訳です。その次は、3日目から27日目ですね。この作業を延々と繰り返すことで移動平均線が構成されるのです。

短期、中期、長期で移動平均線を使い分ける。

実際に投資をしている方は承知のことと思いますが、移動平均線にはさまざまな種類があります。25日移動平均線もあれば、75日移動平均線や、200日移動平均線まであります。同じ移動平均線でありながら、それぞれ異なる特徴を有します。大まかにまとめると、25日移動平均線は短期トレンドを把握することに適していて、5日移動平均線であればより短期のトレンドを示唆します。反対に200日移動平均線は長期のトレンドを把握することに優れています。それぞれ、期間が短くなるほど短期投資、長くなるほど長期投資向きであることは、基礎知識として押さえておきましょう。

移動平均線の算出方法は大きく3種類に分けられる。

移動平均線の算出方法は大きく三つに分けられます。一つ目は単純移動平均(SMA)、二つ目は指数平滑平均線(EMA)。三つ目は過重移動平均線(WMA)です。この三つの算出方法により移動平均線は求められます。三つの移動平均線の違いについて、詳しく見てみましょう。

移動平均線はどのタイミングの価格を重視したいかで使い分ける。

最も直近の価格に重点を置いた移動平均線がEMAです。投資家に最も多く使われている移動平均線と言って問題ないでしょう。直近の価格に近いものほどチャートに影響力を持たせるように計算式を設定しているので、比較的近い将来起こりうるトレンドの把握に優れていると言えます。初心者が使うときには、直近価格に重点を置いたWMAかEMAがおすすめです。特段、こだわりがなければトレンドをつかみやすいEMAが良いでしょう。

ローソク足との関係性からトレンドを判断する。

ローソク足との関係性からトレンドを判断する。

移動平均線に対する、ローソク足の位置処から株価のトレンドを判断することができます。基本的に、移動平均線の上にローソク足が存在する状況は強気のシグナル。逆に、下に存在する状況は、弱気のシグナルになると言われています。

強気相場ではサポートライン、弱気相場ではレジスタンスラインとして機能。

強気相場では、移動平均線がサポートラインとして機能することが多いと言えます。上昇トレンドでも、できるだけ安く買いたいのが投資家心理であり、その高安の判断に移動平均線が使われる訳です。サポートラインとして機能する移動平均線にタッチしたら買いであり、弱気相場ではレジスタンスラインとして機能します。レジスタンスラインにタッチしたときは売りのシグナル。一時的な下押しリスクが強まる状況と言えますが、これらのラインを抜けたときはトレンド転換の強いシグナルになります。サポートラインを下抜けた場合には、下落相場への入り口を示唆します。一方で、レジスタンスラインを上抜けた場合には強気のシグナルとなります。

サポートラインやレジスタンスラインを抜けるには、それなりの“エネルギー”が必要になります。出来高や売買代金を伴って、それぞれのラインを抜けてきますので、“足”がはやくなります。特に、サポートラインの下抜けには要注意。早めに売り抜けることが得策です。

まとめ

上述したように、移動平均線はSMA、WMA、EMAのどれを使うかがポイントです。これら3種類はそれぞれにトレンドを示唆する際の特徴が異なります。また、ローソク足と組み合わせて判断することが鉄則です。相場が今後どのような方向に進むのかを移動平均線とローソク足の位置関係から判断するのです。初心者でも、視覚的に判断しやすい移動平均線。今後の先行き判断に利用してみてください。

札幌で働く元証券マンのファイナンシャルプランナー。専門分野は株や投資信託を用いた中長期での資産形成。
趣味はスポーツ全般で小、中、高と野球部に所属。また、米国への留学経験があり、海外スタートアップ事情にも精通。
総合評価
(0)
Pocket