株の教科書.com

ローソク足で判断しよう:三兵

ローソク足で判断しよう:三兵

株の知識レベル:

ローソク足は単日の動きを一目で確認できるので非常に便利なツールと言えます。一方で、チャートがローソク足の連続で構成されていることも事実です。三兵はチャートの連続性からアプローチするテクニカル分析です。三兵には種類があり、赤三兵と黒三兵に大別できます。ここからは、それぞれの特徴について確認していきましょう。

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

三兵におけるキーワードは連続性。

三兵におけるチャートの構造は、階段状に三連続でローソク足が続くこと。赤三兵なら陽線が階段状に連続している状況を指します。下値を切り上げ型のチャートですね。一方で、黒三兵は陰線が逆階段状に連続。上値切り下げパターンのチャートのことを指します。

赤三兵は上昇トレンドへの転換を示唆。

赤三兵が安値圏で出現した場合には上昇トレンドへの転換を示唆します。また、本体は長い程良い。本体が長いと言うことは、買い圧力が強いことを意味しますよね。
高値圏での赤三兵には注意する必要があります。上げ過ぎと判断されるケースが多く、下落トレンドの始まりを示唆するケースがあります。

黒三兵は下落トレンドへの転換を示唆。

黒三兵が高値圏で出現した場合には下落トレンドの転換を示唆します。また、下落トレンドにある一時的な戻り局面での出現にも注意が必要です。基本的には上昇の一服や、リバウンドの終了を意味することが多く、売り方にとっては、チャンスと判断される形と言えます。特に、移動平均線等の下値抵抗線を割り込んでしまった場合は買い方にとっては最悪。大幅かつ、比較的長期にわたり下落トレンドが続くケースが多いと言えるでしょう。

まとめ

三兵は移動平均線と組み合わせることで、投資における確実性も向上します。赤三兵であれば、移動平均線が下値抵抗線として機能することが多い。一方で、黒三兵であればその下値抵抗線を下抜けすることが多いと言えます。いずれにせよ、上述した基礎知識については押さえておきたいですね。

札幌で働く元証券マンのファイナンシャルプランナー。専門分野は株や投資信託を用いた中長期での資産形成。
趣味はスポーツ全般で小、中、高と野球部に所属。また、米国への留学経験があり、海外スタートアップ事情にも精通。
Pocket

0

ローソク足で判断しよう:三兵の口コミ・評判

▼口コミを投稿する

コメントを残す

口コミ投稿に関するガイドライン