株の教科書.com

抽選配分のポイント(2)

抽選配分のポイント(2)

ようやく、6月にIPO銘柄として、ビーブレイクシステムズのリリースがありました。個人的には、公募価格と初値の鞘(さや)は数十万円は堅いと自分は予想しておりますので、獲得できるかどうかは別として、取りあえず、全力でのブックビルディングの申し込みというスタンスであります。

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

交換ポイントの獲得方法

今回は大和証券のIPO抽選時の確率をあげるための交換ポイントの獲得方法の続きになります。多額の資金を用意することや、コツコツと手数料を落とすにもそれなりのリスクや時間が生じることから、このあたりの問題を解決できる唯一の方法があります。それは一言で言えば、大和証券グループの株主優待を獲得することになります。大和証券の株主優待は以下のとおりの条件となっております。

権利確定月 3月末日・9月末日
単元株数 1000株
優待のポイント 毎年、3月末日、9月末日現在の株主様に「株主優待品カタログ」をお送りし、その中からお好みの品をお選びいただいております。

株主優待の内容

3月末、9月末現在の株主様
1,000株以上 株主優待品カタログより 1点選択 (2,000円相当)
3,000株以上 株主優待品カタログより 2点選択 (4,000円相当)
5,000株以上 株主優待品カタログより 1点選択 (5,000円相当)
10,000株以上 株主優待品カタログより 2点選択 (10,000円相当)

※ヤフーファイナンス引用

これだけを見ると、単に商品カタログから写真のようなものを1点やら2点をただ選択するだけで、どう考えてもIPOとつながるイメージはありません。

ところが、この株主優待カタログをよくよく見ると、食料品やフルーツの他に最後のページの方に、「大和のポイントプログラムとの交換」が掲載されており、2,000ポイント(1,000株の場合)と交換することができるのであります。

ですから、こちらの優待は、前述したように、1年回の2回、3月と9月に獲得できますので、その権利日(優待を得るために保有していなければならない日)に下記の金額でポイントを得ることができます。

保有株数 ポイント獲得数 チャンス回数 必要金額(5/12終値)
1,000株 2,000ポイント 2回 668,600円
3,000株 4,000ポイント 4回 2,005,800円
5,000株 5,000ポイント 5回 3,343,000円
10,000株 10,000ポイント 10回 6,686,000円

ちなみに、1,000株の保有であっても優待が1年間で2回あることから、3,000株を保有する資金がない方でも、とにかく1,000株でもそのまま保有していれば、1年間で2,000ポイント×2の4,000ポイントを獲得することができ、有効期限も最長3年あることから、2年間であれば8,000ポイント、3年間で12,000ポイントためることができることから、数年間はかかりますが、チャンス回数MAXの10回である10,000ポイントをクリアすることができます。

また、このポイントは有効期限切れ直前に、商品カタログに記載されている商品とポイントと引き換えに選ぶことができることから、IPOのチャンスを狙いつつも結局のところ、株主優待品を獲得できる優れものになっております。

IPOのブックビルディングに参加しない方にとっては、普通に商品カタログから欲しいものを選択するだけですから、何の意味があるのかまるっきりわからない内容でありますが、とにかく、有効期限の失念だけ忘れなければ、この株主優待は改悪やら廃止さえなければ、継続して獲得することにうまみがありますので、ぜひ、最終手段として活用していただきたいところであります。

優待権利日に配慮しつつ安値で買うこと

しかしながら、この株主優待を使ってのポイント狙いにおいては、1点だけ問題があります。それは、とにかく、1,000株でも2,000株でも保有している株価が下落しては意味がないということです。

図1:株価

図のように、1年間のチャートを見ても現状の株価から500円近くまで株価が下落しており、配当利回りこそ3.9%近くありますが、仮に購入時からまた50円下がれば1,000株で5万円、2,000株で10万円、10,000株では50万円となり、まだ当たりもしないIPO獲得の前にこれだけの損失を抱えるのは苦痛になることは言うまでもありません。

ですから、株の購入の大原則である、とにかく、3月と9月の優待権利日を鑑みながら、1円でも安い株価で購入することは言うまでもありません。
しかしながら、皆さま、ご存じとのとおり、過去にもリーマンショックやチャイナショック、あるいは地学リスク等で、直近の安値で購入できたとしてもまた、いつ、急激に株価が下がるかわかりません。

(図2)株価300円時代

実際に過去のチャートを見ると300円台の時代もありましたから、下落時のダメージは測りかねない状態になります。では、どのようにしたら、その株価の下落を避け、かつ確実に株主優待を獲得できるかというところの対応方法になりますが、唯一の手法がありますから、次回に掲載させていただきます。

追伸


好評発売中!0円から2億円を稼いだJACKさんのお金の増やし方入門


0円から2億円を稼いだJACKさんのお金の増やし方【東京】
0円から2億円を稼いだ人気個人投資家JACK氏が実践してきた投資テクニックをご紹介! JACKさん自身の体験談を交えながら、お金の増やし方を解説します。これから...

半年ぶりの東京講演決定!



大阪講演も決定!

個人投資家
バーテンダー、予備校講師、サラリーマンと多彩な職歴を歩む傍ら、IPO(新規公開株)を中心に2億円近くまでの資産を稼ぐ。株式投資を主戦場としつつもFX投資や不動産投資にも参戦している。「日本証券新聞」にて月1コラム連載。

Web
JACKメインHP
株ブログ
FXと不動産ブログ

著書
1万円を1年で100万円に! はじめての人の「株式」投資生活
元手50万円から始める! 月5万円をコツコツ稼ぐらくらく株式投資術

総合評価
(0)
Pocket