株の教科書.com

0

物色テーマ:セルフレジ

4月中旬に大手コンビニ5社が経済産業省と一体となり、セルフレジの導入を進めると大きく報道された。

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

外食、衣料販売にも浸透中

外食、衣料販売にも浸透中

店員の手を借りずに、客が自分で会計を行うのがセルフレジだ。セルフサービス自体は既にスーパーで普及しており当たり前だが、さらなるセルフ革命が起こる。

セルフレジが注目されたのは、4月18日に経産省が「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」を発表したため。セブン-イレブン・ジャパン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、ニューデイズのコンビニ大手5社が、2025年までに全店でセルフレジを導入する。その狙いは人手不足対策だという。店員不足で人件費も高まっているため、セルフレジの導入により負担軽減を狙う。

セルフレジ導入のネックは、個々の商品に取り付けるICタグのコストにある。現状ではICタグ一つあたり10~20円かかるが、システム開発を共同でやれば、量産効果等でコスト削減が期待できる。そこで経済産業省が旗振り役を務めた。

コンビニ以外でもセルフレジの導入を進めている企業は複数ある。飲食店のすかいらーく(3197)もそのうちの1社だが、同社は「楽天Edy」など電子マネーでないとセルフ決済はできないシステムだ。他社は現金でも可能な場合が多い。

セルフレジは人手不足対策だけでなく、作業の効率化も図れる。衣料品販売店のジーユー(ファーストリテイリング:9983)によれば、セルフレジで会計時間が3分の1に短縮できたという。回転ずし店のスシロー(3563)も、セルフレジによって客の回転率を高めると意欲を示す。

おわりに

セルフレジの導入より、ICチップメーカーやタグ加工メーカー、読み取り装置のリーダライターベンダーに商機が生まれることは必至だ。レジ自体のリニューアルも進む。それに伴い、レシート印刷技術のサーマルプリンターの需要も上がると見られている。

主なICタグ関連銘柄
銘柄 コード ポイント
ソーバル 2186 組み込みソフトの受託開発、技術者派遣が主力。キヤノン向けが過半。M&Aに積極的。
富士通コンポーネント 6719 サーマルプリンターやタッチパネル、無線モジュールを製造。富士通は東芝、寺岡精工社と共にレジ3強。
パナソニック 6752 ローソンと共同で、完全自動セルフレジ機「レジロボR」を使った実証実験を行っている。
アルテック 9972 印刷・包装など特殊産業機械の専門商社。欧州最大のICタグ製造機メーカーの製品を扱っている。
丸紅 8002 総合商社大手。穀物メジャーの一角。紙パルプや電力、ブランドにも強み。
株式投資に関する情報サイトです。コラム、企業発表、東証有望銘柄、株のきほん、株価チャート入門、株価材料、株式市場の話題、株式週間展望、相場格言などの情報を掲載しています。
総合評価
(0)
Pocket