株の教科書.com

企業買収の常套手段。株式公開買い付け(TOB)とは

株式公開買い付け(TOB)とは

株の知識レベル:

株式の取引をしていると「株式公開買い付け(TOB)」という言葉を目にすることがあります。また、自分の持っている株式について「TOBの対象になりました」というお知らせが来た、という人もいるのではないでしょうか?このTOBとは一体何なのでしょうか?一般投資家にも関係あること?対象銘柄を持っていたらどうしたらいい?など多くの疑問が出てきます。今回は、「TOB」の仕組みや意味についてご説明します。

TOBは何の略称?何をする?

株式公開買い付け(Take Over Bib = TOB)とは、上場企業の株式を買い付け数・価格や期間を公開して、不特定多数の株主から市場外で買い付けることです。株式の買い付けならば、通常の株取引ですればいいのではと思われる人もいるのではないでしょうか?しかしTOBにはちゃんとした理由があるのです。

TOBの意図とは一体何なのか?

TOBは、株式を大量に取得したい時に行われますが、どうして株式を大量に取得する必要があるのでしょうか?それは、株式を取得して、経営権を得るためです。経営権の取得を目的としたTOBには、現在のグループ会社や関連会社の子会社化を目的とした「友好的TOB」と、対象会社には同意を得ずに行う「敵対的TOB」があります。TOBの話題は経済ニュースでも取り上げられることが多いので、目にしたことがあるかもしれません。

どうして経営権を取得するのにTOBを使うの?

株を取得したいならば、株式市場で注文を出して、購入するという手段もあります。しかし注文を出すと、その時の株価で買うしかなく、売る人がいない場合はその注文も成立しません。大量取得をするだけなら大株主に声をかけて個人的に譲ってもらうことも考えられますが、特定の株主の優遇に当たりますし、世間やTOBの対象になった会社も知らない間に、経営権が渡る恐れも出てきます。確実に、そして公正に株式を大量取得するにはTOBがベストな方法なのです。

TOBはどのような流れで行われる?

では、株式の公開買い付けとは、どのように進められるものなのでしょうか?まず、公開買い付けをしたい人(もしくは会社)が、氏名・住所などの自身の情報、買い付け予定株数、申込期間、買い付け価格、そして対象になっている会社が今回のTOBに合意しているかどうかを公表します。対象株式を保有する人は、売却するかどうかを決めることができます。もし売却する場合は、公開買い付け代理人になっている証券会社に申し込みをする必要がありますが、売却しないと決めたならば何もしなくても大丈夫です。

申込期間が過ぎたら、株数を集計し、TOBが行われます。TOBが成立すると、公開買い付け代理人の証券会社から、取引報告書が届きます。申し込み株数が極端に少なく、買い付け予定株数の下限に達しない場合はTOBが成立しないこともあります。

TOBに応じる?応じない?どちらがいいの?

TOBに応じる?応じない?どちらがいいの?

TOBに応じて株式を売却するか、応じずにそのまま保有するかは株主の自由ですが、TOBで公表される「買い付け価格」は株式市場での時価よりも高いことがほとんどです。また、通常の株式取引で発生する、証券会社に支払う手数料もありません。このような理由から、TOBに応じて売却する人も多くいます。ただ、売却希望者が多すぎて、買い付け予定株数を大幅に上回ったら、抽選になる場合もあります。買い付け予定株数が少なく設定されていると、必ず売れるとは限らないので、注意が必要です。

もし、TOBに応じなかったらどうなる?

では、TOBに応じず、そのまま対象株式を保有していたらどうなるでしょう。この場合は、通常通り、売りたくなったら株式市場で時価にて売却することになり、買い増しも行えます。しかし、TOB後に株式の上場廃止を決めている場合、上場廃止になったら、株式の売買ができなくなる点には注意が必要です。そして、最も注意が必要なのは、値動きについてです。TOBによって対象の会社の評価が高まり、株価が上がれば売却のいいチャンスですが、経営権が移るということを懸念して株価が大幅に下落する可能性もあります。また、敵対的TOBならば、現在経営権を持つ側が、対抗して株式を大量発行することもあり得ます。発行株式数が多くなると、その分1株当たりの価値が下がり、株価も下がるきっかけにもなるのです。TOBが発表されたら、株式の値動きにはいつも以上に注意しないといけません。

まとめ

TOBとはどういう意味を持つものか、私たち一般の株主がどう対応したらいいかをご紹介しました。自分の保有する株式がTOBの対象になってしまったら、慌ててしまうこともあるかと思います。TOBに応じて売却した方がいいのか、そのまま保有して様子を見た方がいいのか、難しい判断になる時もあるでしょう。そのような時にこそ、納得できる選択ができるように、市場動向を見極める目を持つことが大事になります。日頃から政治経済のニュースをよく見て、市場の動きをチェックできるように努めてください。

証券会社で営業・窓口職を4年ほど経験。
営業経験談・苦労話・面白話なども沢山持っています。4歳と1歳の子育て中です!
Pocket

0

企業買収の常套手段。株式公開買い付け(TOB)とはの口コミ・評判

▼口コミを投稿する

コメントを残す

口コミ投稿に関するガイドライン