株の教科書.com

市場を知ろう:東証マザーズ、ジャスダック(JASDAQ)

市場を知ろう:東証マザーズ、ジャスダック(JASDAQ)

株の知識レベル:

大企業でもなく知名度はないものの、これから発展しそうな頑張っている会社を応援したい人と考える人も少なからずいるものです。また、このような会社がいざ資金が必要となった時にお金を集めることができる仕組みを構築しておくことも重要になってきます。ここでは新興企業、すなわち会社としての歴史が浅く、社会的信用力もそれほどない会社の資金調達方法について東証マザーズとジャスダック(JASDAQ)を中心にその役割を説明します。

企業活動を行う上で資金をいかに調達できるかが重要

新興企業にとって、これから会社が発展していく上で優秀な人材の確保や社会的信用力を身に付けていくことも重要ですが、何よりもまずは資金調達能力を伸ばすことが重要であることは言うまでもありません。設備投資の他、新たな分野への研究開発や投資などのために巨額の資金が必要となってくるのです。大企業や有名企業であれば資金を集めるのもさほど難しいことではないでしょうが、新興企業にとっては容易ではありません。そこで資金調達を行う仕組みが必要となってくるのです。

新興企業の資金調達の方法はどうするか

まずは銀行などの金融機関から融資を受ける方法がありますが、日本の銀行は社歴の浅い企業や土地などの担保となりうる資産を保有していない企業に対しては積極的に融資を行っているとはいえないのが現状です。そのため銀行融資などの力を借りずに市場から直接お金を集める方法、すなわち株式市場に上場した上で、株式を発行して外部から幅広く資金を調達する方法が必要となってくるのです。

株式市場にはどのようなものがあるのか

株式市場にはどのようなものがあるのか

株式市場、証券市場とも言いますが、市場からお金を集めるには証券取引所に上場する必要があります。わが国にはいくつかの証券取引所があり、東京、大阪、名古屋など大都市を中心に、札幌や福岡などの地方都市にもいくつか存在しています。その中でも有名なのは東証一部上場企業や東証二部上場企業です。これらの企業はいずれも優良企業で、上場基準も極めてハードルが高く設定されています。しかし、新興企業などでも幅広く資金を調達できるように、このような企業向けの市場である「東証マザーズ」や「ジャスダック(JASDAQ)」が設けられたのです。

東証マザーズとはどのような市場なのか

東証マザーズとは、1999年に東京証券取引所に設置された株式市場のことを言います。同じ東京証券取引所の中にも、一部上場や二部上場といった株式市場がありますが、いずれも審査基準が厳しく、上場している企業も優良企業ばかりです。最初からこれらの一部上場や二部上場に上場しようと思っても、新しく生まれたての会社では審査基準に適しておらず資金調達が困難でした。
しかしこれらの企業も外部から資金調達をしやすい市場を作る必要性があったため、東証マザーズという新興企業向けの株式市場が開かれたのです。株式を上場する以上は投資家保護の観点から審査を厳しくすることは重要ですが、一部上場や二部上場より上場条件を緩和することにより、将来有望なベンチャー企業などに門戸を広げることができるようになりました。

ジャスダック(JASDAQ)とはどのような市場なのか

ジャスダック(JASDAQ)とは当初証券取引所ではなく、証券会社の店頭で上場していない株の取引をする「店頭市場」でしたが、その後大阪証券取引所を経て現在では東京証券取引所の中の株式市場となっています。東証マザーズは元々東京証券取引所にあった株式市場ですが、上記のようにジャスダック(JASDAQ)は後から東京証券取引所に入ってきた経緯があります。ジャスダック(JASDAQ)に上場している企業も東証マザーズ同様、新興企業・ベンチャー企業などが中心となっています。ジャスダック(JASDAQ)には、一定の事業規模と実績を重視する「スタンダード」と将来の可能性を重視する「グロース」という異なる市場が設けられています。

東証マザーズとジャスダック(JASDAQ)の違いとは

東証マザーズとジャスダック(JASDAQ)は上記のように歴史的な背景に差異があるものの、いずれも新興企業やベンチャー企業を対象に株式市場を展開している点で共通するところが多いといえます。
ただ、東証マザーズに上場する会社は、いずれは次のステップ、すなわち今後10年以内に東証一部に上場することを視野に入れた市場と位置付けられています。つまり投資家としても東証マザーズの銘柄を購入する際は、今後拡大を目指して進んでいる企業と捉えて投資していることが多いでしょう。一方でジャスダック(JASDAQ)には東証一部を目指すといった前提はありません。

まとめ

出資をすることで大きな安心感や配当金で確実に利益を受けたいと思う人にとっては、東証一部上場企業や二部上場企業に関心がいくでしょう。しかし反対にこれからの将来性に賭け、大きな利益を狙いたいと思う人にとっては新興企業向けの株式市場は魅力的でしょう。自分が株式投資で目指す着地点、投資スタイルを見極めながら銘柄を決めていくことが大切です。

現職の司法書士(実務経験14年)、ライター歴3年。
資格は司法書士、宅地建物取引主任者、2級FP技能士、モーゲージプランナー(住宅ローン専門資格)。
総合評価
(0)
Pocket