株の教科書.com

0

初心者にオススメの投資期間は?

初心者にオススメの投資期間は?

株の知識レベル:

株式投資を始めるのはいいけれど、一体どの程度の期間にわたって株を持ち続ければいいのかと迷う人は多いのではないでしょうか。最も適切な売り時がいつ頃なのかというのは、常に投資家を悩ませるテーマです。
ここでは、株式投資の投資期間について短期型・中期型・長期型それぞれの特徴を見て、初心者にとって最善な投資スタイルを考えていきます。

短期型の株式投資とはどのようなものか

株式の短期投資とは、ある会社の株式を購入後、その日のうちに売却するようなスタイルのことです。短期型の株式投資における株式の保有期間は当日~長くても数週間となります。このような投資スタイルは投資資金の回転をはやめたい人にとっては向いていると言えるでしょう。この手法では日々株式の取引を行うことになるので、世の中の景気や経済の流れを肌で感じながら投資している実感が得られ、株式の売買をより楽しむことができるものといえます。

短期型の主な投資方法はどのように行うのか

短期型の株式投資の方法として最も有名なのは、「デイトレード」です。これは、1日で株式の売買を繰り返し、利益の確定を狙う投資方法です。株価の変動が大きい場合は、時に大きな売買益を出すことも可能ですが、反対に短期間で大きな損失をこうむることもある、ハイリスク・ハイリターンの取引と言えます。また、四六時中株価を気にしておく必要がありますので、会社勤めの人には時間的に厳しいかもしれません。一般的に「投資家」といった場合、このようにパソコンの前に貼りついて取引するスタイルを連想する人も多いのではないでしょうか。

中期型の株式投資とはどのようなものか

中期型の株式投資とはどのようなものか

株式の中期投資とは、株を買った後、1カ月から1年程度保有する投資スタイルのことをさします。デイトレードのように、四六時中株価を気にする必要もありませんので会社勤めの方もトライしやすい手法と言えます。また、株価は日々変動していくものですが、中期型の株式投資の場合は、短期的な株価の上下にはそこまで影響されませんので、日々の株価の変動に一喜一憂することなく、短期型投資に比べて精神的な余裕を残しながらできるスタイルといえます。

中期型の主な投資方法はどのように行うのか

中期型の株式投資方法とし、まず「バリュー株投資法」が挙げられます。これは、企業の本来の実力や価値に対して株価が割安な銘柄を狙う投資スタイルのことを意味します。すなわち、企業の実績に対して株価が安く放置されている状態で株を取得し、その銘柄が本来の実力に見合う価格まで上がったところで売却益を狙う投資方法です。次に「グロース株投資法」も中期型株式投資方法の一つと言えます。この手法は、優れた技術やビジネスモデル等に着目し、将来の成長が見込め、長期的に株価の上昇が期待できると考えられる銘柄に投資をするスタイルです。この投資方法のデメリットとしては、売却するまでの間は利益の回収ができず、資金が凍結してしまうこと考えらます。

長期型の株式投資とはどのようなものか

株式の長期型投資とは、株を買った後5年以上保有する投資スタイルのことを意味します。この投資手法は、じっくりと腰を落ち着けて株式の運用を行いたい人向けのものとなります。こちらの手法も中期型投資と同様、日々の株価の上下にはこだわらずに長い目で考えて経済的利益を狙うものですから、中期型投資以上に精神的なゆとりを得ることができます。また、長期間にわたり株式を保有するため、配当利益や株主優待制度の恩恵を最も受けることができますが、それを狙って長期型株式投資のスタイルを貫く人も多いのです。

長期型の主な投資方法はどのようなものか

長期型の株式投資方法としても、上記の中期型株式投資方法で説明した「バリュー株投資法」、「グロース株投資法」が適していると言えます。その他、配当利益を確実に享受するために安定している大企業への投資もこの長期型株式投資の大きな特徴の一つです。デメリットとしては、こちらも中期型株式投資方法同様、投資期間の間、資金の回収ができず凍結状態となる他、いったん投資先の選択に失敗してしまった場合、長期間にわたり資金の無駄遣いをしていたことと同じ結果になることが挙げられます。

まとめ

短期型投資、中期型投資、長期型投資とそれぞれの株式投資方法を考察してきましたが、いずれの投資方法も一長一短あることがわかるでしょう。株式投資の初心者にとってどの投資方法が最も向いているのかは個人の性質や置かれた環境などにもよることになります。
ただ一般的に考えた場合、短期型株式投資の方法は、株価のチェックを常にしなければならない上に瞬間的な判断力も要求されますので、投資を始めたばかりの初心者には若干、難易度が高い投資方法といえるでしょう。どちらかといえば中期型あるいは長期型の投資方法から始めた方が大きな失敗を防ぎやすいと考えられます。

現職の司法書士(実務経験14年)、ライター歴3年。
資格は司法書士、宅地建物取引主任者、2級FP技能士、モーゲージプランナー(住宅ローン専門資格)。
総合評価
(0)
Pocket