株の教科書.com

株式投資で損をしてしまう人はどういう人なのか

株式投資で損をしてしまう人はどういう人なのか

株の知識レベル:

会社勤めの人にとって、給料や賞与が大幅に上がることはごくまれであり、大半の人が何らかの副業で少しでも収入をアップさせたいと考えているのではないでしょうか。副業にもさまざまな種類がありますが、株式投資で稼いでいる人も近年増えていると感じます。ただ、投資である以上はリスクを抱えていることも肝に銘じておかなければいけません。ここでは、株式投資を始めるにあたって、損をする人の行動パターンについて考察していきます。

ギャンブル感覚で株取引に臨んでいないか

世の中にはパチンコ、カジノ、競馬、競艇、競輪などさまざまなギャンブルが存在しますが、これに人生一発逆転の発想で大金をつぎ込み、人生を棒に振る人が後を絶たないのが現実です。これらに共通するのが、「スリルを味わいたい」「短期間で一気に稼げる」「ギャンブル依存」といった傾向です。もし、このような気質のままで株式投資を始めてしまうと、結果的に大きな損失をこうむることが考えられます。株価の変動は偶発的な事情により予測がつきにくい面もありますが、投資する銘柄を決める際には経済や景気の流れを読み解く力、投資先企業に対する深い洞察力や分析力等が大きく左右し、その点でギャンブルとは一線を画しているものなのです。 

冷静な判断能力が必要となるのが株取引

株式投資を始めたばかりの人の中には、1回の取引で大もうけをしたいと思っている人もいますが、成功している投資家とはあせらずにこつこつと長期間にわたって確実に株で稼いでいるものです。熱くならず、冷静に現状を把握しバブル的発想に陥らないよう気をつける必要があります。最強の投資家とは、常日頃から経済・景気・企業の分析を怠らず、決して行き当たりばったりにはお金を出さないものなのです。

株式投資も真剣勝負で臨む姿勢が重要

株式投資を遊びの延長だと考えている人もいますが、安くはないお金を出すわけですから、やるからには真剣勝負で臨む姿勢が重要となります。どのような勝負ごとにも一定のルールはあるわけで、自己のやり方に固執して投資を行っても決して良い結果は得られないでしょう。また、株式投資の初心者に多いのが、損切りの勇気を持てないことです。株式取得直後は株価が上昇したものの、時間の経過とともに予想に反して株価が急落などということもあるわけです。そのまま値上がりを期待して株式を保有するのか、あるいは損失として処理するのか、決断を迫られる場面も多々あるのです。

時には損切りの勇気も必要となることを知る

下がり続ける株価・・・想像しただけでも投資家・経営者にとっては背筋が凍る状況です。しかし、株価とは値上がりするのを期待しているだけで簡単に上昇するものではありません。あくまで会社の通知表のようなものであり、山あり谷あり、いい時も悪い時もあるのです。成功している投資家とは戦いから撤回する勇気も併せ持っています。すなわち、買った時からどれくらい株価が下落したらきっぱりと手を引こうとあらかじめ考えているのです。株価が値下がりしても保有しているほうが正しいと思い込んでしまう固定概念を打ち消すことが成功への一歩となるでしょう。

株式投資は計画的に行うことが重要

株式投資は計画的に行うことが重要

株式投資を行うにあたっては、今回の投資をどのようなかたちで終わらせるのか、つまり、着地点の構想を立てておくことが重要です。株式投資のスタイルには、「短期型投資」「中期型投資」「長期型投資」など、時間軸で捉えた場合のいくつかの投資方法がありそれぞれに合った攻め方があるのです。すなわち、1カ月という短期間でもうけたい人もいれば数年単位の長い期間でもうけに転じればいいという人もいます。自分のライフスタイルに性格の傾向に合った投資方法を構築することが大切といえます。

株式投資の成功者に見られる一貫性

株式投資に失敗する人は自分の投資スタイルが定まっておらず、損をする度に投資方法をコロコロと変えてしまうケースが多いように見受けられます。もちろん株価は常に変動しますので、株式投資の初心者が損失の場面に出くわした場合など、直ちに別の方法に切り替えて現在の手法を諦めてしまうといったことも理解できないわけではありません。
一方、株式投資の成功者は、前述のとおり損切りと判断した場合は速やかに撤退しますが、それで自分の投資スタイルを安易に変更するようなことはしません。熟慮の上での撤退と安易な変更とは意味が異なるのです。どんなに株式投資の世界で成功している人であっても全ての投資でうまくいっていることはなく、利益と損失を出しながらトータルで利益を出していくのです。

まとめ

株式投資で失敗する人にはある一定の傾向や特徴があることがおわかりいただけたと思います。株式投資の成功者からその秘訣(ひけつ)を学ぶことも大切ですが、初心者にとっては投資に失敗して損失を被った人の経験からも学べることが数多くあるはずなのです。

現職の司法書士(実務経験14年)、ライター歴3年。
資格は司法書士、宅地建物取引主任者、2級FP技能士、モーゲージプランナー(住宅ローン専門資格)。
総合評価
(0)
Pocket