株の教科書.com

0

株式投資は複利方式!プラスに働けば資産が増えていくカラクリ

株式投資は複利方式!プラスに働けば資産が増えていくカラクリ

株の知識レベル:

これから株式投資を始めたいけれど、効率よく資産を増やせる方法があればぜひとも活用したいと多くの人が考えることでしょう。株式投資の世界には「複利」という金利のしくみがありますが、言葉の意味が抽象的でいまひとつイメージが湧かない人も多いのではないでしょうか。ここでは「複利」を活用した場合の投資における効果を解説し、株式投資における複利の重要性を見ていきたいと思います。

複利と単利の基本的な意味について

複利と単利の基本的な意味について

「複利」とは利息の計算方法の一つで、運用によって得られた利息をさらに元本に組み入れ、それを新たな元本として利息を計算する方法です。つまり、発生した利息が再び投資や運用の「元手」になります(=利息が利息を生む)ので、元本に繰り入れない場合と比較して、より利息が増えるのです。これに対して、利息を元本に組み入れず、元本は固定したまま利息の計算を行う方法のことを「単利」といいます。

歴史上の人物も絶賛した複利の仕組み

複利については、相対性理論を発見した天才物理学者であるアインシュタインも「人類最大の発見だった」として大絶賛したと伝えられています。また、最近では世界的に有名な投資家であるウォーレン・バフェットも複利を最大限活用し、投資の世界で大成功を収めている1人です。ウォーレン・バフェットの他、投資の世界で成功している人たちはこの複利の絶大なる効果を理解した上で最大限活用しているのです。

複利と単利で計算した場合の比較

複利と単利で計算した場合の比較

例えば、元本100万円を年利回り10%で運用した場合を例にすると複利計算と単利計算では次のような差がでてきます。

年数 1年 2年 5年 10年 20年
単利 110万 120万 150万 200万 300万
複利 110万 121万 161万 260万 673万
差額 0 1万 11万 60万 373万

運用当初は単利での計算、複利での計算でも大きな開きはありませんが、年数がたてばたつほど複利で計算した方が増え方が大きくなっていくのがわかるのではないでしょうか。

複利での効果を最大限伸ばすには

複利とは前述のとおり新たに発生した利息を元本に組み入れることにより、利息計算の元となる元本額を増やしていくことになりますので、年数がたてばたつほど利益の額は増大していきます。まさに雪だるま式に膨らんでいくのです。このように複利の効果は時間をいかに味方につけるかにかかってきますので、たとえ少額の投資額であっても早い時期から運用した方が最終的に得をする結果となります。
60歳を投資におけるひとつのゴールと考えるのであれば、現在50歳の人に残された時間はあと10年しかありません。しかし、現在30歳の人はあと30年もの運用期間があるのです。これだけの差があれば複利における運用では非常に大きな差がついてくることは上記の比較を見れば一目瞭然なのではないでしょうか。

課税はなるべく繰り延べするほうがお得

課税はなるべく繰り延べするほうがお得

株式の取引についても課税の問題はありますが、保有している株式については利益を確定し売却をした時に初めて課税されることになります。そのため、複利で運用し可能なかぎり利益確定を遅らせて課税の繰り延べをすることで税金を少額に抑えることができるのです。つまり、複利によって保有している株価の含み益が膨大になっても利益の確定をしなければ税金がかからないため、利益が出ても安易に確定させない方が賢明といえます。

複利の場合に考えられるリスクとはどんなものか

複利の効果を単利の場合と比べるとプラスの面ばかりが目立ってしまいますが、投資を行う以上はリスクについても日頃から考えておかなくてはなりません。
単利での計算の場合、運用で得られた配当が再投資に回されることなく投資家の手元に残りますが、複利での計算の場合はもし運用が失敗し、マイナスになった場合は運用で得られた配当も再投資に回っているため、投資家は巨額の損失をこうむることになります。
複利を使って劇的に資産を増やそうとする人はついつい高いリスクを取りがちになってしまう傾向がありますが、「再投資された配当までもが大きなリスクにさらされている」という事実を忘れてはなりません。
株式投資とは銀行預金とは異なり運用利回りが保証されていませんし、複利計算で算定する運用益についても実際にその通りに動くとも限りません。投資の世界は常に株価の大暴落・自然災害・景気の悪化など、さまざまなリスクを抱えているため、リスクを意識した運用を心がける必要があります。

まとめ

ここでは単利との比較、複利の効果とそのリスクについて考えてきましたが、複利の効果を最大限発揮させるためには、短期的ではなく長期間にわたる投資を行うことが重要です。
また、株を複利で運用するとメリットが大きい分、リスクも増大してしまうため、常に運用方法のバランスを意識しながら投資することが大切だということを覚えておきましょう。

現職の司法書士(実務経験14年)、ライター歴3年。
資格は司法書士、宅地建物取引主任者、2級FP技能士、モーゲージプランナー(住宅ローン専門資格)。
総合評価
(0)
Pocket