株の教科書.com

アナリスト – 企業、景気など分析するプロ

証券市場には、上場会社についての「調査分析」や産業界、内外景気などのマクロ的分析を行い、投資家に的確な情報を提供するプロの分析家が存在します。このような人々を「アナリスト」と呼びます。

高度な専門テクニックを持つアナリスト

高度な専門テクニックを持つアナリスト

株価の上下動は、その時の「地合い」や「人気」、また市場のムードで決まりがちですが、人気度のべースになるのは、株の持つ「材料」やー「業績動向」「資産内容」などのファンダメンタルズです。これが「投資尺度」の基本と見ていいでしょう。

 

こうした材料やファンダメンタルズを的確に玲味し投資するに値するかしないかを判断するには、むろん高度な知識が必要となります。ましてや、地合いを決定する景気やそれに伴う産業界の動向を分析するには、より専門的なテクニックを身につけねばなりません。

個別銘柄の投資判断(レーティング)や目標株価を設定

アナリストには、ファンダメンタル・アナリストとテクニカル・アナリストの両者がいます。個別銘柄の投資判断(レーティング)や目標株価を設定するのは、前者を指します。
 フアンダメンタル・アナリストは、事業調査が主な仕事。「企業・財務分析」をキメ細かに行います。具体的には景気動向、産業界の動きなど企業を取り巻く環境を調査・観察し、その会社の「収益予想」を打ち立てます。収益力が将来的に向上すれば当然、株価の上昇が予想され、この仕事はきわめて重要です。

そのため、アナリストは日々刻々と変化する経済情勢に目を配り、また個々の企業については収益力の向上につながる材料はないと、くまなく探します。その作業は「バランスシート」の分析をはじめ多岐にわたるのは当然のこと。アナリストの地位が格段に高い米国では、そのご託宜は文字通り株価を左右する決定力となります。

テクニカル・アナリスト

テクニカル・アナリスト

一方、テクニカル・アナリストは市場分析が主な仕事です。最も基本的な例となるのが、過去の株価動向を記した「チャート」、または「ケイ線」と呼ばれるグラフを利用し株価を予測します。この点から、「チャーチスト」と言われますが、一般的にアナリストはフアンダメンタルズとテクニカルの両面を分析して『銘柄判断』を下しています。

 

広義ではこうした『証券分析家』をすべてアナリストと称する一方、わが国でも厳しい審査を経て『日本証券アナリスト協会』に登録された人をアナリストとして正式に認知しています。この審査の基準は、①証券会社などの調査部門で3年以上の勤務実績、②証券分析に実績を持つ、などです。アナリストは証券関係ばかりでなく、為替や商品相場などにも存在し、拡大解釈すれば、「経済評論家」もこのカテゴリーに属すると言えるでしょう。

相場格言 “景気の主役に付け”

景気の主役に付け

景気とひと日に言っても、それをリードする業界は時代によって異なります。景気をけん引する業界はまさに収益的にも抜群の伸びが期待でき、その関連銘柄を買うのが株式投資の王道になります。現在、個別企業を分析するアナリストは「業種別」に分かれているのが一般的です。時代の流れに応じて、重厚長大産業よりも、アミューズメント、半導体などに属するアナリストが増えてきています。

まとめ

アナリストの盲点は「信用需給」や「相場の地合い」などを分析対象としないために、その評価が絶対的でないことです。あくまでも投資判断の一つの材料と考えていいでしょう。

また、3000社超の上場企業のうちアナリストがカバー(調査対象)としている企業は2、3割程度とも言われています。アナリストがカバーしていない中小型企業(銘柄)が突飛高をするケースが近年増えています。アナリストがカバーしていない銘柄から「成長株を探し出す」ことは相場の醍醐味でもあります。

日本で最も歴史のある証券・金融の総合専門全国紙です。「株式市況」をはじめ「企業ニュース」、「投資信託」「外国為替」「商品先物」など、幅広い投資情報をカバーしています。そのため、個人投資家、機関投資家のほか、全国の証券会社とその支店、全国の取引所と証券各諸団体、上場企業に幅広く愛読されています。
総合評価
(0)
Pocket