株の教科書.com

トウシババは誰が引く?迷走の監査法人変更

代表社員・社員 53名
特定社員 1名
公認会計士 180名
会計士補・新試験合格者 85名
その他専門職 37名
事務職員 42名
合計(非常勤を除く) 398名
(2017年3月31日現在)

金融商品取引法・会社法監査 145社
金融商品取引法監査 9社
会社法監査 96社
信用金庫監査 14社
学校法人監査 46社
その他の法定監査 44社
その他の任意監査 174社
合計 528社
(2017年3月31日現在)

引用:法人概要 太陽有限責任監査法人

 東芝は2017年度の決算の監査で、現任のPwCあらた監査法人を変更する方針を固めた。16年度決算までは、あらたが担う方向。あらたとの対立から16年度決算についても変更の可能性を探ったが、すぐには後任が見つからなかった。後任は準大手の太陽監査法人が有力視されている。

 あらたは昨年6月の株主総会で、新日本監査法人にかわって就任。16年度決算を担当してきた。1年間で退くことになり、2年連続での監査法人の交代は異例だ。東芝は6月下旬にあらたの任期が切れるのを機に後任を選ぶ方針。早ければ6月の定時株主総会での変更承認を目指す。

(後略)

引用:東芝、監査法人を変更へ 17年度から、「太陽」が有力:朝日新聞デジタル

株式投資に関する情報サイトです。コラム、企業発表、東証有望銘柄、株のきほん、株価チャート入門、株価材料、株式市場の話題、株式週間展望、相場格言などの情報を掲載しています。
Pocket

0

トウシババは誰が引く?迷走の監査法人変更の口コミ・評判

▼口コミを投稿する

コメントを残す

口コミ投稿に関するガイドライン