株の教科書.com

次は何を言い出すか。東芝、分社化決定

当社は、本日、東芝グループ再生に向け、4つの社内カンパニーを分社化する基本方針を決定しました。分社後の各事業会社については、グループ内の連携を強化しつつ、それぞれの事業会社の事業価値最大化に特化するとともに、特定建設業の許可維持などの事業継続性も踏まえた最適な体制を確立します。コーポレート部門については、東芝グループ全体の企業価値最大化とガバナンス強化に特化します。

1.事業会社について
分社後の各事業会社は、自律した事業体として、市場と顧客に対する説明責任の明確化などによる事業価値の最大化を図ることに加え、事業特性や外部環境に応じた内部管理体制の構築や直接的な外部監査の適用によるガバナンス・リスク管理の深化を進め、事業会社内および傘下会社に対するガバナンス強化に継続して取り組みます。

分社化は会社分割によることとし、本年7月1日以降、以下の分社を順次実施します。

(1) 2017年7月1日付

① インフラシステムソリューション社関連
社内カンパニー「インフラシステムソリューション社」を会社分割し、社会インフラ事業における一部の据付工事・電気工事、保守・点検サービス機能を担い、特定建設業の許可を有する「東芝電機サービス株式会社」と一体化します。
これにより、特定建設業の許可が必要となる一部事業についても安定的に継続できる体制を確保したうえで、顧客の事業価値向上の実現を図る製品・システム・サービスの提供を通じ、循環型ライフサイクルビジネスモデルをさらに発展させ、事業の持続的成長、事業価値の最大化を実現します。

② ストレージ&デバイスソリューション社関連
社内カンパニー「ストレージ&デバイスソリューション社」を会社分割し、新会社に事業を移管します。本年4月1日に「東芝メモリ株式会社」を設立しましたが、メモリ以外の電子デバイス事業であるディスクリート半導体、システムLSI、HDDについても、顧客の事業価値向上の実現を図る製品・システムの提供を通じ、電子デバイス事業のさらなる持続的成長、事業価値の最大化を実現します。

③ インダストリアルICTソリューション社関連
社内カンパニー「インダストリアルICTソリューション社」を会社分割し、ICTソリューション事業における関連工事を担い、特定建設業の許可を有する「東芝ソリューション株式会社」と一体化します。
これにより、特定建設業の許可が必要となる一部事業についても安定的に継続できる体制を確保したうえで、IoT・AIなどを活用したICTソリューションの開発・製造・販売に一元的に対応できる体制を構築し、製造・産業・社会インフラ、流通・金融、官公庁・自治体向けの各ソリューション事業のさらなる拡大を進めます。また、市場のデジタルトランスフォーメーションに俊敏に対応し、IoTアーキテクチャー「SPINEX」によりサービス価値を創造・提供できるビジネス・イノベータをめざすとともに、ICT技術を活用し、東芝グループの企業価値最大化に貢献します。

(2)2017年10月1日付
・エネルギーシステムソリューション社関連
社内カンパニー「エネルギーシステムソリューション社」と原子力事業統括部を会社分割し、新会社にそれぞれの事業を移管し、新会社において特定建設業の許可を取得します。
これにより、特定建設業の許可が必要となる一部事業について安定的に継続できる体制を確保したうえで、次世代エネルギー市場での顧客の事業価値向上の実現を図る製品・システム・サービスの提供を通じ、エネルギー事業のさらなる持続的成長、事業価値の最大化を実現します。

引用:東芝:プレスリリース (2017-04-24):組織運営体制の見直しについて

株式投資に関する情報サイトです。コラム、企業発表、東証有望銘柄、株のきほん、株価チャート入門、株価材料、株式市場の話題、株式週間展望、相場格言などの情報を掲載しています。
Pocket

0

次は何を言い出すか。東芝、分社化決定の口コミ・評判

▼口コミを投稿する

コメントを残す

口コミ投稿に関するガイドライン