株の教科書.com

確定拠出年金で株を運用することは得策か

確定拠出年金で株を運用することは得策か

株の知識レベル:

少子高齢化の進展、増え続ける借金。国家のバランスシートは膨らみ続け、そのトレンドは今なおとどまる余地を見いだせません。若者世代は、将来の“年金リスク”に晒(さら)されています。
毎年増え続ける年金を払い続けながらも、将来はその年金をもらえる確証すらないのです。

“自分年金”の重要性がうたわれる昨今、確定拠出年金で私的に年金を作る動きが台頭しています。
一方で,株による年金作りはリスクを伴うのも事実。私たちはどのように確定拠出年金と向き合って行けばよいのでしょうか。

そもそも確定拠出年金とは何か。基礎知識を再確認

そもそも確定拠出年金とは何か。基礎知識を再確認

年金には大きく分けて二種類存在します。
一つ目は、給付額が確定している確定給付年金。給付が確定しているとは、すなわち、受取額が確定していると言うことです。

もう一方の確定拠出年金は、拠出額が確定している年金を指します。受取額は確定しないけれど、毎月の支払額は一定です。
確定拠出年金では、株等のリスク資産をポートフォリオに組み入れるのが特徴ですから、将来の受取額は増える可能性もあれば減る可能性もある。

この点が、個人が確定拠出年金への拒む大きな要因だと言えるのです。

アメリカの401Kを参考に導入。2016年より確定拠出年金(iDeCo)もスタート

もともと、確定拠出年金はアメリカの401Kの制度を参考にスタートしました。よって、日本における確定拠出年金は日本版401Kと呼ばれることもあります。

比較的リスク資産の運用に積極的な姿勢のアメリカでは、同制度が非常に人気化。税制優遇措置も相まって、広く大衆から受け入れられる制度になりました。

これを参考に、国内大手企業も確定拠出年金を積極的な導入をはじめ、2016年からは個人版の確定拠出年金である、iDeCoもスタートしました。

確定拠出年金とはいわば“積立投資”

確定拠出年金とは、いわば“積立投資”。積立商品と積立金額を決定して、将来の目標に合わせて、自身でポートフォリオを作成して行きます。
投資対象ファンドはさまざまで、国内債券等の比較的安全とされる資産に投資する商品もあれば、外国株をメインに上値を狙える商品も存在します。

また、運用方針にも違いがあります。これらの商品を組み合わせ、毎月決まった額を拠出して行く訳です。確定拠出年金と聞くとなんとなく難しく聞こえがちですが、仕組み自体は投資信託の積み立て投資となんら変わりはないのです。

株と積立投資の親和性は悪くない。初心者でも安心して投資ができる

株と耳にするだけで、“アレルギー反応”を起こしてしまう方もなかにはいらっしゃるでしょう。

しかし、株と積立投資の相性は悪くなく、中長期で資産を増やすことを考えるのであれば、得策と言えるでしょう。
積立投資とは、ドルコスト平均法。毎月、決まった時期に、決まった金額を買い付けることで、初心者でも無理をしない投資を実現できます。相場下落局面では、株式ファンドの口数をいつも以上に多く購入できます。

逆に、相場の上昇局面では無理をしない。ファンドの基準価額が上昇しますから、購入口数は自動的に制限されます。
よって、積立投資は初心者でも安心できる投資法。ひいては、確定拠出年金による運用も初心者には比較的安全な投資法と言えるのです。

目標リターン達成のためには各資産の組み合わせが肝心

確定拠出年金は、中長期での投資を前提作られた商品です。よって、目標リターンを獲得するためにはポートフォリオの作成が非常に重要と言えるのです。
各資産をいかにバランスよく組み合わせるかが非常に重要なポイントになります。安全性を高めたい場合には国内債券で脇を固めることがセオリーです。かといって、債券ばかりで脇を固めても思うような投資リターンは得られません。

みなさんもご存じのように、日銀は国債の金利をコントロールする政策をとっています。金融政策を見ても、マイナス金利を導入しています。
このような、場合には日本以外の先進国債に投資するのも一つの手です。

目標とする投資リターンを得るためには、ポートフォリオの構成が非常に重要。この点は、肝に銘じておきましょう。

安全性を高めたいなら国際分散投資を意識。

確定拠出年金を始めたいけど、どのように投資したらよいかわからない。

そんな方には、国際分散投資がおすすめです。ポートフォリオ作成の際には、投資対象国の分散と資産の分散の両方を意識してみてください。
中長期での投資を前提とする際には、株への投資もそれほど大きいリスクを伴いません。債券ばかりではなく、株も一部ポートフォリオに組み入れることを意識しましょう。

また、将来のインフレリスクに備え、外貨資産もポートフォリオ構成に組み入れることが重要と言えるでしょう。投資対象国と資産の両面からの分散を意識することで、初心者でも比較的安全性の高いポートフォリオを作成することができます。

確定拠出年金の運用商品はどうやって決めればいい?
株の知識レベル:2017年からはじまった個人型確定拠出年金(iDeCo)や、企業型確定拠出年金を導入する企業の増加も相まって、確定拠出年金に対する注目度は日に日に高ま...

まとめ

低金利が長引くの現代社会においては、株を用いたリスクヘッジは必要不可欠です。
株はリスク資産と言えども、投資期間を長めに設定することで、その安全性は高まります。ドルコスト平均法に類似した確定拠出年金では、株を含めたポートフォリオ構成を心がけるべきだと言えるでしょう。

札幌で働く元証券マンのファイナンシャルプランナー。専門分野は株や投資信託を用いた中長期での資産形成。
趣味はスポーツ全般で小、中、高と野球部に所属。また、米国への留学経験があり、海外スタートアップ事情にも精通。
Pocket

0

確定拠出年金で株を運用することは得策かの口コミ・評判

▼口コミを投稿する

コメントを残す

口コミ投稿に関するガイドライン