株の教科書.com

今日の前場銘柄ハイライト【2017年4月17日】

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

DOWAホールディングス(5714)

東証1部
一時802円+35円

4営業日ぶりに急反発し2周間ぶりの800円台回復。大型株では最も値動きが軽い。14日大引け後に、集計中の2017年3月期業績の増額修正を発表した。売上高は計画比230億円増の4080億円、営業利益は290億円から340億円、経常利益は290億円から370億円と大幅な増額で、営業・経常とも減益予想から増益に転じた。下期に入り想定よりも円安、メキシコペス安が進行、銅・亜鉛市況が上昇局面にあったことが寄与。販売面では、銀粉、伸銅品の主力製品が堅調に推移したとしている。増額幅が大きかったことが株価にサプライズ観を与えている。5月19日に決算発表を予定。なお、好決算発表では「君の名は。」が大ヒットの東宝(9602)も4営業日ぶりに急反発している。

串カツ田中(3547)

マザーズ
一時6240円+240円

5営業日ぶりに大幅反発。14日大引け後に今11月期第1四半期決算と同時に株式分割の実施を発表したことが好感された。株式分割は、5月31日現在の株主に対して1対2株を割り当てる。14日終値は6000円、年初来高値は4月5日の6900円と高額になっていたことから、早めの実施に踏み切ったと思われる。なお、9月が上場1年。第1四半期(12月から2月)経常利益は8000万円。2月末店舗数は昨年11月期末比で9店増加の140店舗(直営とFC含む)に。

ショーケースTV(3909)

東証1部
一時1222円+32円

前週末比9円安の続落スタートとなったものの、すかさずプラスゾーンに切り返す。
 14日大引け後に、コンテンツ・ゲーム・キャラクター事業を展開するインクルーズ(本社・東京都港区)の株式を取得すると発表した。4月28日付で議決権の42%を1億円で投資・事業コンサルタント会社から取得。インクルーズはスマートフォンのきせかえアプリやLINEスタンプ、電子コミック等を自社配信する「モバイルコンテンツ事業」、2D・3D などゲームグラフィックの制作支援を行う「ゲーム事業」、全世界で240万ダウンロード突破のLINEスタンプ「面倒だがトリあえず返信」シリーズから生まれた「めんトリ」のライセンス提供やオリジナル商品販売を行う「キャラクター事業」の3つを事業展開している。業績に与える影響は精査中。5月15日に今12月期第1四半期業績の発表を予定している。

株式投資に関する情報サイトです。コラム、企業発表、東証有望銘柄、株のきほん、株価チャート入門、株価材料、株式市場の話題、株式週間展望、相場格言などの情報を掲載しています。
総合評価
(0)
Pocket