株の教科書.com

当てはまるなら考えよう。株式取引に向いていない人

当てはまるなら考えよう。株式取引に向いていない人

株の知識レベル:

昨今、インターネット上で取引できる証券会社も増え、気軽に株式投資が行えるようになり、「ぜひ投資をやってみたい」と考える人も増えています。

しかし、株式投資は誰でもできる簡単なものかというと疑問です。どうしても向かないという人も中にはいます。
どのような性格の人が株式投資に向かないかを考察していきましょう。

株式投資を怖がる人は向いている?

株式投資を怖がる人は向いている?

「株式投資」と聞けば、「怖い」「ギャンブルだ」と条件反射のように答える人がいます。
ご存知の通り、上場株式の株価は、企業の業績、国内外の政治経済の動向等、根拠があって上下するものであり、決してギャンブルではありません。

勉強すれば株価がどのように動いていくかはある程度予測が立てられるため、株式というものを恐れすぎる人は株式投資に向いていないかと思われます。

初心者だからこそしっかり考えたい株式投資のリスク
株の知識レベル:これから株式投資はじめる人がためらう一番の理由としては「損をするかもしれない、リスクを取りたくない」「財産を一気に失ったらどうしよう」という...

怖いもの知らずの人も要注意です

反対に資金に余裕があるからと、何も考えずにどんどん投資を続けるのはどうでしょう。こちらも、全くと言っていいほどお勧めできません。
行き当たりばったりで投資をして、成功する人は皆無です。株式投資は数打てば当たるというものではありません。度胸があるのはいいことですが、まず投資の勉強から始めるべきかと思われます。

実際の投資をはじめるのは、十分に知識を付けてからでも遅くないでしょう。

素直すぎる人は株式投資をしてもいい?

素直すぎる人は株式投資をしてもいい?

インターネットの株式情報サイトや雑誌に書いている「お勧め銘柄」を、そのまま買おうとする素直な人もいますが、これもあまり褒められることではありません。

まず、いつ出された情報なのかを確認しましょう。情報が古くなっている場合もあります。自分でも毎日の株価や為替、そしてニュースを見るクセを付けておいた方がいいでしょう。

他人の意見を聞くことは非常に大切ですが、鵜吞みにせず、自分でも調べることが安定した取引の継続のためには欠かせません。

他人の意見を聞かない人も気を付けましょう

他人の意見を素直に聞きすぎる人も注意しないといけませんが、もっと気を付けるべきなのは他人の意見を全く聞かない人です。
自分の考えを持って投資をするのは素晴らしいのですが、考えていることや投資方法が古かったり、的外れだったりすることもあります。

少なくとも一度は株式投資に関する本を読んでみる、投資情報サイトを閲覧するといった情報のブラッシュアップを行なうようにしてください。

資産の大半を株式投資に回す人は大丈夫?

産の大半を株式投資に回す人は大丈夫?

株式投資は元本保証がない資産運用の方法の一つですが、市場環境を見極めて多くの資金を株式投資に投入すれば、それだけ高いリターンも見込めるようになります。

とはいえ、手持ちのお金の大半を株式投資に回すのはよくありません。株式は売りたい時に希望の株価ですぐに売れるとは限らず、まとまったお金が必要な時に、準備できなくなる恐れも出てきます。
株式投資をする際は「年収の何割まで」「預貯金の何割まで」と投資金額の限度を決めておくようにしましょう。

また、すぐに現金化できるお金(預貯金など)は、絶対に残しておくことを強くお勧めします。
どのくらいの金額までならば投資に使えるかを考えられない人は、株式投資には向かないと思われます。

思い切った決断ができない人は?

株式を購入して値上がりしたのに、いつ売ろうかとずっと迷い続けて、結局いい時期に売れなかった。そういう話を周りで聞いたことはありませんか?
思い切った決断ができない人にも株式投資は適しません。

株価は必ず上下するものであり、時にはこれ以上の損失を出さないためにと、損切しないといけない場面も出てきます。
そのような時に、「売る」としっかり決めて実行できる人にこそ株式投資をお勧めできます。

株式投資で損をしてしまう人はどういう人なのか
株の知識レベル:会社勤めの人にとって、給料や賞与が大幅に上がることはごくまれであり、大半の人が何らかの副業で少しでも収入をアップさせたいと考えているのではな...

それでも投資をしたい人はどうする?

それでも投資をしたい人はどうする?

株式投資に向かない人は一定数いますが、それでも投資をやってみたいと思う人もいるでしょう。その場合は、知識がある人からの教えを直接受けてみてはいかがでしょうか?

最もお勧めなのが、証券会社に出向いて詳しく説明を聞くことです。
街中にある証券会社のカウンターに行けば、市場環境や業界の動向、為替について、そしてお勧めの株式など、総合的にアドバイスしてもらえるだけではなく、顧客向けに投資レポートなどの勉強資料を配布している証券会社も少なくありません。

セミナーで勉強するのもお勧めです

証券会社の担当者と面と向かって話すのはちょっと苦手…、という人は、証券会社や金融関連の会社が主催しているセミナーや講演会がないかをチェックしてみてください。

株価の動きや投資がテーマのセミナーでは、今現在の市場についての話を聞くことができて、初心者向けでは株価の見方や株式の買い方を教えてくれるセミナーもあります。
なかには、テレビや雑誌に登場する著名な専門家が講演するものもありますので、非常にお得です。

近くで講演会がない場合でも、インターネットサイト上で、投資講座の動画を公開している証券会社もあります。こちらも、ぜひ活用してみてください。

まとめ

どのような人が株式投資に向かないか、そして、その対応方法について挙げていきました。
もし現時点で向いていないとしても、慌てずに色々な対応方法を試してみてはいかがでしょうか?

勉強をし、無理のない範囲で少しずつ投資を始めて、より良い投資家を目指していきましょう。

証券会社で営業・窓口職を4年ほど経験。
営業経験談・苦労話・面白話なども沢山持っています。4歳と1歳の子育て中です!
総合評価
(0)
Pocket