株の教科書.com

物色テーマ:マグネシウム電池

二次電池(=充電池)は今後の経済成長、発展には不可欠なキーワードだ。経済成長のためにはエネルギーが必要だが、化石燃料は限りがあり、温暖化の問題もある。期待されていた原子力は今、分岐点を迎えている。そうしたなかで、脚光を浴びているのが再生エネルギーだ。

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

ポストリチウム電池の座を射止めるか

ポストリチウム電池の座を射止めるか

ただ、再生可能エネルギーのネックは、安定供給能力に懸念があることだ。そうした問題を解消するのが電池。不安定な風力や太陽光で発電した電気を電池に蓄えれば、好きな時に必要な分だけ使える。電気を貯められる電池は、エネルギーの諸問題を解消させることになる。二次電池はまずニッケルが普及し、今ではリチウムが主流になりつつある。ところが、リチウムはレアメタルの一つで希少性が高く、発火しやすいという問題点がある。

そこで次なる技術として注目されているのが、マグネシウム電池だ。マグネシウムは海水などに豊富に含まれており、リチウムのように燃えやすくない。融点もリチウムは179度だが、マグネシウムは651度で融けづらい。リチウムと比べ安価で安全性が高いというメリットを持っている。一方で、劣化の早さや電極反応の遅さなどに問題があり、これを今後の技術開発でどうクリアするかが課題となっている。マグネシウム電池銘柄としては、電池開発を行う企業はもちろん、マグネシウムを取り出す技術を持つ企業や、もちろん電機や自動車メーカーも関わる。

おわりに

ちなみに、マグネシウムは、リサイクルしやすいこともメリットとして上げられる。電池として発電済みの酸化マグネシウムを1200度以上で熱すると、再度、電池として使用可能となる。太陽光など自然エネルギーで再生させれば、化石燃料を使わずにエネルギーとして再利用できる。そうしたクリーンさも売り物の一つとされる。

主な「マグネシウム電池」関連株
銘柄 コード ポイント
藤倉ゴム工業 5121 東工大と共同で、マグネシウム電池で動くカート走行に成功。3月の二次電池見本市にコンセプトモデルを出展した。
日本金属 5491 圧延専業メーカー。ステンレス鋼帯製品に定評があり、マグネシウム合金の製品開発にも力を入れている。
本田技研工業 7267 埼玉県産業技術センターと共同で「マグネシウム電池の実用化にめど」との報道。埼玉県知事も会見で言及している。
株式投資に関する情報サイトです。コラム、企業発表、東証有望銘柄、株のきほん、株価チャート入門、株価材料、株式市場の話題、株式週間展望、相場格言などの情報を掲載しています。
Pocket

0

物色テーマ:マグネシウム電池の口コミ・評判

▼口コミを投稿する

コメントを残す

口コミ投稿に関するガイドライン