株の教科書.com

今日の前場銘柄ハイライト【2017年4月13日】

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

サイゼリヤ(7581)

東証1部
一時3045円+248円

今8月期第2四半期(9月-2月)業績を発表。営業利益は37億円から46億3800万円(前年同期比44%増)に、経常利益は37億円から50億400万円(同48%増)に増額し、通期営業利益予想も110億円(前期比22%増)、経常利益115億円(同25%増)に引き上げた。中国の税制変更により、飲食業は「営業税」から「増値税」に変更されたことによる利益改善と円高による原材料価格の低下が寄与。業績の増額修正を好感した買いが集まり株価は急伸し、東証1部の株価上昇率上位にランクイン。昨年1月以来の3000円台を一気に回復した。

ラクト・ジャパン(3139)

東証2部
一時2080円+173円

株価は1月31日にマークした上場来高値2109円に接近している。 ラクト・ジャパン <3139> が急反発した。12日大引け後に発表した今2017年11月期第1四半期(12月-2月)決算を好感して急騰した。第1四半期経常利益は12億7200万円(前年同期比4.7倍)と会社側の上期計画5億9600万円を大幅に超過したことがサプライズとなった。売上高は減少したが、販売数量の増加と為替差益の計上が利益向上に繋がった。しかし、会社側は上半期および通期の業績予想を据え置いている。バターや脱脂粉乳などの業務用乳製品の卸価格が約2年ぶりに上昇と伝えられており、実際、生乳不足からバターなどに不足感が生じている。食品メーカーにとってはコスト圧迫マイナス材料だが、業務用乳製品の専門商社の同社にとってはプラス材料だ。

スリーエフ(7544)

東証2部
471円+80円買い気配

前日比80円高の471円はストップ高買い気配。コンビニエンスストア中堅の同社は12日、ローソン(2651)との事業統合契約を締結したと発表した。「スリーエフ」ブランドの店舗を全て閉店し「スリーエフ」「キュウズマート」「グーツ」 ブランドで営業している店舗のうち281店舗(予定)を「ローソン ・スリーエフ」に転換して運営する。神奈川県を中心に「スリーエフ」は約437店舗(3月末現在)展開。セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンの「コンビニ3強」を中心とする業界再編が進展中だ。一方、同日に決算を発表したローソンは、2017年2月期経常利益は4.9%増で着地したが、今2018年2月期は前期比10.3%減の655億円の減益見込みとしたことで前日比330円安の7500円寄り付きと売られている。

株式投資に関する情報サイトです。コラム、企業発表、東証有望銘柄、株のきほん、株価チャート入門、株価材料、株式市場の話題、株式週間展望、相場格言などの情報を掲載しています。
Pocket

0

今日の前場銘柄ハイライト【2017年4月13日】の口コミ・評判

▼口コミを投稿する

コメントを残す

口コミ投稿に関するガイドライン