株の教科書.com

また日経か?リコー個人向けカメラ撤退の報道

 リコーはカメラ事業を縮小する。価格競争が激しい個人向けは撤退も含め検討し、経営資源を車載向けなど業務用に集中させる。同事業は2011年にHOYAから一眼レフカメラ「ペンタックス」を買収後も赤字が続く。スマートフォン(スマホ)に市場を奪われ、デジタルカメラの世界出荷台数はピークの10年と比べ5分の1になっており抜本改革に乗り出す。

引用:リコー、カメラ事業縮小 個人向け撤退も検討 スマホ拡大、業務用シフト :日本経済新聞

 リコーは4月12日、同社が個人向けカメラ事業からの撤退を検討しているとした同日付の一部報道について「事実ではない」と反論した。「デジタルカメラ事業は製品ラインアップを絞り込み、高付加価値製品を追求していくが、個人向けからの撤退は考えていない。個人向けの高付加価値モデルは今後も伸ばしていく計画だ」(リコー広報室)としている。

引用:リコー、「個人向けカメラ撤退を検討」報道を否定 「事実ではない」 - ITmedia NEWS

株式投資に関する情報サイトです。コラム、企業発表、東証有望銘柄、株のきほん、株価チャート入門、株価材料、株式市場の話題、株式週間展望、相場格言などの情報を掲載しています。
Pocket

0

また日経か?リコー個人向けカメラ撤退の報道の口コミ・評判

▼口コミを投稿する

コメントを残す

口コミ投稿に関するガイドライン