株の教科書.com

営業3千日には届かず。有楽町ロフト移転へ。

(前略)

2010年5月に、東京都が2011年1月に到来する定期借地権の契約期間満了を以て契約終了とする事が報じられたため、契約が延長されない場合は2011年1月でテナントが撤退し、建物が解体される予定だった。しかし、東京都が方針を変更し、2016年5月までの契約を締結したため、ビックカメラとコメ兵のみが撤退し、2011年9月1日に、1階にロフトがオープンし、同時に2・3階の無印良品もリニューアルされた。ロフトは、旗艦店として運営していく方針。
2017年度中に再開発の都市計画決定を目指しており、国家戦略特区による事業として提案を行っている。

引用:TAKARAZUKA1000days劇場 - Wikipedia

(前略)

有楽町ロフトは旧東京都東六号庁舎跡地に開業した商業施設「有楽町インフォス」1階に2011年9月オープン。建物は当初「宝塚1000days劇場」として利用されていたもので、全体の売場面積は6,617㎡、そのうちロフトの営業面積は約2,500㎡を占める。
ロフトとしては渋谷、池袋などと並ぶ旗艦店に位置付けられており、同じくインフォスに入居する「無印良品 有楽町」と一体化したライフスタイル提案型の売場が特徴的だった。
なお、有楽町インフォスを含む有楽町駅周辺地区(旧都庁舎跡地)は東京都と民間による都市再生プロジェクトの対象地区となっており、2017年度中の都市計画決定を予定している。
そのため、再開発のために近い将来解体される可能性が高く、無印良品も近く閉館するものとみられる。

(後略)

引用:有楽町ロフト、6月11日閉店-再開発計画で、ロフトは「ベルビア館」に6月出店 | 都市商業研究所

株式投資に関する情報サイトです。コラム、企業発表、東証有望銘柄、株のきほん、株価チャート入門、株価材料、株式市場の話題、株式週間展望、相場格言などの情報を掲載しています。
Pocket

0

営業3千日には届かず。有楽町ロフト移転へ。の口コミ・評判

▼口コミを投稿する

コメントを残す

口コミ投稿に関するガイドライン