株の教科書.com

0

課税逃れを防げ!「出国税」の運用が7月より開始

富裕層の課税逃れを防ぐため、7月より施行が始まった「出国税」ですが、日本国民のほとんどの人には対象に当てはまらないという税制です。
ポイントとしては、1億円以上の有価証券、未決済の信用取引等の資産を所有している人が、出国時に1億円以上の含み益がある場合に15%課税されるというものです。
例えば2億円分の株を保有している人が海外に居住地を移す日に、その株で1億円の含み益があれば1,500万円課税されるという仕組みになっています。
富裕層は税金から逃れるため、海外で資産の売却を行うことが多く、その場合に発生するキャピタルゲインに対して税金がかからないことから、対象となる層にとっては手痛い税制となります。
しかし一方で、保育園のバスに間に合わなければ罰金を払う、というシステムを作ったところ、遅刻する人が急増した、といった社会実験結果があります。
もちろん規模や問題の種別が違いますので比較はできませんが、中には大手を振って国と別れを告げることができる、という人もいるようです。
ただ昨今のグローバリズムを考えると、特に富裕層にとってはひとつの国にとどまろうとする考え自体が希薄になってきていると思います。
この税制がどれほどの効果を示すことになるかは、数年後確認しなければいけないでしょう。


https://twitter.com/marimikko/status/624973707912577024
https://twitter.com/marimikko/status/624973846454628352
https://twitter.com/marimikko/status/624974575391121408
https://twitter.com/HIRO5432177/status/624741458377977857

株式投資に関する情報サイトです。コラム、企業発表、東証有望銘柄、株のきほん、株価チャート入門、株価材料、株式市場の話題、株式週間展望、相場格言などの情報を掲載しています。
総合評価
(0)
Pocket