株の教科書.com

買い戻し優勢か【2017年3月31日】

NYダウは69ドル高の20,728と反発。NY原油先物が10日以来の50ドル台に続騰したことを好感。金融株が軒並み高となり、ナスダック総合指数は最高値を更新した。為替は円高にブレーキ。シカゴ日経平均先物も大証比110円高の19,070円で、ひとまず買い戻しが先行する相場展開となりそうだ。年度末の本日は日経平均が19,000円台を守って大引けるかが注目されている。ちなみに、昨年3月末の日経平均終値は16758.67円だった。新規上場はジャスダックにネットマーケティング(6175、公開価格1140円)。
前日に初値持ち越しとなったユーザーローカル(3984)の動向、経営統合の検討を打ち切り事実上の破談となった森永製菓(2201)と森永乳業(2264)の動向に関心。

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

東証寄付き

日経平均反発スタート ソニー4日続伸

日経平均は107円高の19710円と反発のスタート。NY株高と為替の落ち着きを背景にひとまず売り材料が後退。経済産業省が寄り付き前に発表した2月鉱工業生産指数は、前月比2%の上昇と事前予想の1.2%増を上回り2カ月ぶりのプラスとなったことも相場のプラス材料。ソニー(6758)が4日続伸し連日の昨年来高値更新。主力大型株では一際強い動きを持続している。このほか、ソフトバンク(9984)が反発、東京エレクトロン(8035)、武田薬品(4502)が反落と、前日とは逆の物色展開で始まっている。この日新規上場のネットマーケティング(6175)、前日に初値持ち越しだったユーザーローカル(3984)は買い気配スタート。統合破談の森永乳業(2264)は売り気配、森永製菓(2201)は暴落。

東証10時

日経平均高値もみあい 任天堂プラス転換

日経平均は反発スタート後、19,100円台での狭いレンジでの値動きに終始している。為替が10日ぶりに112円台の円安に入ったことで買い安心感が先行しているが、週末とあって積極的な上値追いが手控えられている状況だ。東芝(6502)、ソニー(6758)、メガバンクが上昇。任天堂(7974)は安寄り後に大きくプラス転換。ソフトバンク(9984)も高いが戻り売り圧力が強い。個別では、国内証券が投資評価を引き上げタクマ(6013)、外資系証券が推奨したオカモト(5122)が急伸。一方、経営統合が破談した森永製菓(2201)、先駆していたファナック(6954)が安い。ジャスダック平均、マザーズ指数も高い。

東証前引け

高寄り後は様子見 東芝の上げが目立つ

日経平均 前日比125.61円高の19,188.83円

TOPIX  前日比10.68ポイント高の1,538.27ポイント

107円高で寄り付いた日経平均はその後の上下幅が約40円で、売り買いともに低調となった。NY株高、円安、好調だった2月鉱工業生産指数を受けて、全般高で始まった。しかし、買いが一巡すると新規の買い上がり材料に乏しく、週末というカレンダー事情も意識されて様子見ムードとなった。買い戻しにはずみがついた東芝(6502)が一段高、メガバンク、ソニー(6758)、ソフトバンク(9984)も堅調。三菱UFJFG証券が新規格付けした良品計画(7453)の上昇が目立つ。武田薬品(4502),ファナック(6954)は小反落。統合破談の森永製菓(2201)は急落、森永乳業(2264)はストップ安。一方、ジャスダック平均、マザーズ指数も高い。この日、ジャスダックに新規上場のネットマーケティング(6175)は公開価格1140円に対して初値1552円で誕生し、その後1600円台に買い進まれている。スシロー(3563)は小幅高だが、出来高は大きく減少。前日に初値持ち越しのユーザーローカル(3984)は買い気配値を11530円まで切り上げたがまだ、値つかず。公開価格2940円から約4倍に達している。

日本で最も歴史のある証券・金融の総合専門全国紙です。「株式市況」をはじめ「企業ニュース」、「投資信託」「外国為替」「商品先物」など、幅広い投資情報をカバーしています。そのため、個人投資家、機関投資家のほか、全国の証券会社とその支店、全国の取引所と証券各諸団体、上場企業に幅広く愛読されています。
Pocket

0

買い戻し優勢か【2017年3月31日】の口コミ・評判

▼口コミを投稿する

コメントを残す

口コミ投稿に関するガイドライン