株の教科書.com

覚えておきたい「指値」と「逆指値」の違い

覚えておきたい「指値」と「逆指値」の違い

株の知識レベル:

逆指値と言う投資法をご存知でしょうか。
個人投資家の方であれば、指値注文については誰もがご存知でしょうが、逆指値の仕組みをしっかり理解できているかと言えば、その限りではないと思います。

成行注文と指値注文の概念にプラスして、逆指値による注文方法を理解出来れば、投資の幅も格段に広がります。
指値と逆指値の違いに注目して「指値」と「逆指値」の基礎知識を見てみましょう。

指値と逆指値ではそもそもの考え方が異なる。

指値と逆指値ではそもそもの考え方が異なる。

結論から言うと、逆指値の根底にあるマインドは「損失覚悟」です。
通常の指値注文ならここまで安くなったら買い注文を入れたい、あるいはここまで高くなったら更なる上昇はなさそうだから売りたい。
つまり、投資の原理原則である「安値拾い、高値売り」の原則に則った注文方法を言うのです。

これに対して逆指値の考え方はその真逆。
ある一定の高値水準に達したタイミングで、買いを執行する注文を入れるのです。「損失覚悟」で縦追いの買い注文を入れる訳です。
売り注文の場合も同様です。ある一定の下値水準に達したら、売り注文を執行します。
指値水準まで下がったら、下落トレンド入りしたと想定する訳です。こちらも「損失覚悟」のマインドで注文を執行しています。

即ち、指値と逆指値ではそもそもの考え方が丸切り異なるのです。

逆指値を知ることで投資の幅広がる。

逆指値をうまく活用することで、格段に投資の幅が広がります。
逆指値による注文を活用することで利益獲得と、損失縮小のどちらの観点からも有効にアプローチすることができます。
新興市場の急騰銘柄では縦追いの様相を呈することが多く、連日でストップ高となるケースも珍しくはありません。

このようなケースでは、指値で高値売り注文を入れるよりも、逆指値で高値買い注文を入れた方が効果的な場合もあります。
リスクも伴いますが、その銘柄の先行きに自信がある場合は、逆指値の買い注文を利用しても問題ないでしょう。

また、下落局面での逆指値の売りは積極的に利用すべきです。
逆指値を知ることで、銘柄にマッチした投資法を選ぶことができるので、投資の幅が拡大します。

逆指値はロスカットとしても効果的。

逆指値はロスカットとしても効果的。

新興市場の値動きの荒い銘柄に投資をする際には、逆指値を利用することをおすすめします。
特に、マザーズ上場の時価総額の小さい銘柄であれば、上値余地も大きい分、下値リスクもかなりあります。
あらかじめ逆指値で注文を入れることで、逆指値による注文がロスカットとして機能するのです。

もちろん、損失を確定させることにはなりますが、逆指値の値以上に損失を被ることはありません。

流動性の低い銘柄は逆指値の成行注文が有効

出来高に乏しい流動性の低い銘柄では、保有株数の全部を売却しきれない可能性があることから、逆指値の成行注文は欠かせません。

小型株の特徴として、下落トレンド入りするとなかなか下げ止まらないことが挙げられます。
仮に自分の希望売却株数を買い受けるだけの買い方がいなければ、逆指値で指値を入れてしまった場合には、一部約定か最悪のケースは未約定で取引が終了してしまうケースがあるのです。

逆指値の成行き注文であれば、指定金額まで到達した時点で、成行で売り切ります。
きれいにロスカットを行いたい場合には、逆指値の成行き注文がおすすめです。

逆指値の買い注文は自信があるときだけ利用する。

逆指値の買い注文は自信があるときだけ利用する。

結論から言うと、逆指値の買い注文は積極的に使う必要はないと思います。
その銘柄の先行きに相当の自信があるときは別ですが、基本的には利用する必要はないでしょう。

投資初心者であれば積極的な利用を避けて、あくまでロスカットのための注文方法として使うことをおすすめします。

テクニカルメインのトレーダーであればメリットがある。

基本的に、逆指値を利用する投資家は「損失覚悟」で、短期スタンスのトレーダーがメインでしょう。短期トレーダーが多いということは即ち、テクニカル主体の投資家が多いことを指すのです。

テクニカルで代表的な指標で、短期線が長期線を上抜ける「ゴールデンクロス」と言う指標が存在します。
逆指値の買い注文を利用することで、ゴールデンクロス形成のタイミングで買い注文を執行することが可能になるのです。

かなり難易度の高い手法になりますが、逆指値の買い注文においては、このような有効活用法が想定されます。

まとめ

逆指値の有効活用における最も重要なポイントは、ロスカットとしてうまく利用することでしょう。
逆指値の買い注文を否定する訳ではありませんが、有効活用するには相当高度なテクニックが要求されます。

逆指値の売り注文であれば、むしろ積極的に利用すべきです。
特に、新興市場の中小型株投資においては、リスクヘッジとして必須のテクニックと言えるでしょう。
自己防衛、投資資金を守る為にも有効活用して頂ければと思います。

札幌で働く元証券マンのファイナンシャルプランナー。専門分野は株や投資信託を用いた中長期での資産形成。
趣味はスポーツ全般で小、中、高と野球部に所属。また、米国への留学経験があり、海外スタートアップ事情にも精通。
総合評価
(0)
Pocket