株の教科書.com

連休控えて軟調な展開か【2017年3月17日】

16日のNYダウは15ドル安の20,934ドルと小反落。為替も小動きだった。東京株式市場は3連休控えとあって、積極的な買いが入りにくいほか、シカゴ日経平均先物は大証終値比100円安の19340円となったことで軟調な展開が予想される。個別では再建に公的資金投入案が報道された東芝(6502)、経営統合を検討としている新潟地盤の第四銀行(8324)と北越銀行(8325)の動向が注目される。このほか、東証マザーズにジャパンエレベーターサービス(6544)とビーグリー(3981)が新規上場。前日に初値持ち越しとなったほぼ日(3560)の初値形成にも関心が向かうことになる。

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

東証寄付き

日経平均反落のスタート 主力株は高安マチマチ

日経平均は前日比79.25円安の19,510.89円と反落スタート。NYダウは小幅安、為替相場も動意薄となる中3連休を控えて買いが入りにくい展開。ファナック(6954)、ファーストリテイリング(9983)、KDDI(9433)が堅調な寄付きに対して、東京エレクトロン(8035)、ソフトバンク(9984)が軟調な寄付きと主力株は高安マチマチの展開で始まった。東芝(6502)は買い先行で高く寄り付いた。物色の方向感が乏しい中、マザーズ指数、ジャスダック平均は続伸でスタート。新規上場のビーグリー(3981)は公開価格を1円上回る1881円で寄り付いた後、2000円台に買い進まれた。ジャパンエレベーターサービス(6544)は買い気配スタート。前日に初値持ち越しとなったほぼ日(3560)は公開価格の約2.2倍の5360円で寄り付いた。

東証10時

日経平均は軟調展開 ソフトバンク、トヨタなど安い

日経平均は19,500円ラインをはさんでの小動き。日経平均の高安の値動き幅は40円程度しかなく、全般は動意薄。トヨタ(7203)など自動車株やメガバンクが軟調で、ソフトバンク(9984)は寄付き後に売りが先行している。朝高スタートの三菱商事(8058)もマイナスに転じている。一方、東芝(6502)、ファナック(6954)、ファーストリテイリング(9983)が高い。個別ではM&Aキャピタル(6080)の上昇が目立つ。ジャスダック平均は続伸を維持しているが、バイオベンチャーのそーせい(4565)が売られるマザーズ指数はマイナスに転じている。ほぼ日(3560)も利益確定売りに押されている。

東証前引け

日経平均は小反落 模様眺めムード強まる

日経平均 前日比66.87円安の19,523.27円

TOPIX  前日比7.45ポイント安の1,565.24ポイント

日経平均は66円安の19,523円と反落。朝方寄付きを上回る前引けとなったものの、前場リ引き時間中の値動きは上下幅60円程度にとどまった。NYダウが小反落、為替が小動きとなるなか、3連休を控えて模様眺めムードが強まった。トヨタ(7203)など自動車、メガバンク、ソフトバンク(9984)と売買代金上位は安い銘柄多い。公的資金投入案が報道された東芝(6502)は高いが買い一巡後は伸び悩む。ファナック(6954)、ファーストリテイリング(9983)、ソニー(6758)が逆行高。野村HD(8604)、大和証券G(8601)など証券株がしっかり。マザーズ指数、ジャスダック平均も反落。マザーズではそーせい(4565)が11,000円を割り込むまで下落。初値を付けたジャパンエレベーターサービス(6544)、ビーグリー(3981)のIPO2社は売り買いが交錯している。(終)

日本で最も歴史のある証券・金融の総合専門全国紙です。「株式市況」をはじめ「企業ニュース」、「投資信託」「外国為替」「商品先物」など、幅広い投資情報をカバーしています。そのため、個人投資家、機関投資家のほか、全国の証券会社とその支店、全国の取引所と証券各諸団体、上場企業に幅広く愛読されています。
Pocket

0

連休控えて軟調な展開か【2017年3月17日】の口コミ・評判

▼口コミを投稿する

コメントを残す

口コミ投稿に関するガイドライン